ビジネス用途の道具において、何かと敬遠されがちな要素が “光沢” です。スマホやタブレットにアンチグレア(非光沢)フィルムを貼っている方は結構いらっしゃるでしょうし、仕事用パソコンのモニターに至っては、アンチグレアだという方が圧倒的に多いのではないでしょうか?

そして、この要素は PCモニターやスマホなどに限らず、ガラス製品全般に当てはまります。

以前、テーブル部分がガラス製のパソコンデスクを購入したのですが、見た目が非常にオシャレである反面「ちょっと使いにくいな・・・」と思う部分も若干ありました。

関連記事

何でも置きたい人必見!Viseo『L字型ガラスPCデスク』の収納力&デザインがエグい

そんな欠点に目をつぶりつつ使っていたわけですが、Amazonでたまたま見つけた『ノーブランド品 レザー調デスクマット(ブラック)』を敷いてみたらガラステーブル特有のトラブルがまとめて解決しましたので、ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

『ノーブランド品 レザー調デスクマット(ブラック)』を開封してみる

商品は、ロール状態で到着。多少の丸めグセは付いていますが、広げて上に重い本でも置いておけばすぐに取れるはずです。

dmat_01

 

さっそく、デスクマットをガラステーブルの上に敷いてみました。
※あえて、Beforeのガラステーブルは汚れた状態のまま撮影しています

dmat_02

 

デスクマットを実際に敷いてみて気付いたメリット

指紋や皮脂が付かなくなった

ガラステーブルに大型デスクマットを敷くことで、手を乗せても指紋や皮脂が一切付かなく(目立たなく)なりました。

以前は、指紋や皮脂が付く度にファイバークロスで拭き取っていたのですが、この作業が地味に面倒だったんですよね・・・敷いて大正解って感じです。
※指紋や皮脂が “目立ちにくくなった” だけなので、定期的にお手入れをする必要性はあります

オシャレさが犠牲になるため、もはや本末転倒な気がしなくもないですが・・・やはり、この快適さを知ってしまうともう戻れません。

 

ホコリが目立たなくなった

指紋・皮脂と同じぐらい厄介なのが “ホコリ”。

他の家具だとそこまで目立たないのですが、ガラステーブルは光沢があるため、少量のホコリでも目立ってしまいます。こまめに掃除していれば多少はマシになるものの、ガラス部分の汚れだけが真っ先に目立つので、まあまあ面倒でした。

デスクマットと一口に言っても、ビニール製だとホコリが目立ちます。今回導入したデスクマットは布製(マウスパッドの表面みたいな感じ)ですので、しばらくはホコリを無視しても大丈夫そうです。

 

マウスパッドにもなる

dmat_03

前項で書いてしまいましたが、表面の材質は完全にマウスパッドです。つまり、このデスクマットを敷くことで “テーブル全体がマウスパッド” 状態になります。

普通のマウスパッドって、端までいったらマウスを置き直さなきゃダメなので結構面倒なんですよね。かと言って、パソコンの設定でマウスカーソルの速度を変更すると、今度は精密作業の難易度が跳ね上がってしまうという・・・

 

サラサラで手触りが良い

dmat_04

夏場は特になんですが・・・テーブルに寄りかかっていると、腕を置き直す度に「ペタッ!・・・ペタッ!」と毎回 “はがす” 感じになってしまうため、地味~に不快です。

これはガラスに限らず、木製のテーブルなんかも同様ですね。机の上がサラサラ加工になるだけで、勉強や仕事の能率は確実に上がると思います。

 

ズレない

dmat_05

裏側が滑り止め加工されているため、全くズレません。

必ずしもデスクマットとテーブルのサイズがピッタリ合うとは限らないので、滑り止め加工されているというのは大きなメリットだと思います。

その辺に落ちている布をカットして敷いたとしても使っている内に位置がズレてくるでしょうし、やはり専用の道具を導入するというのは大事だな~と痛感しました。

 

デスクマットを実際に敷いてみて気付いたデメリット

掃除をサボりがちになってしまう

dmat_06

デスクマットを敷くことによって唯一デメリットを感じたのが、”掃除する頻度が減った” ことです。

マット表面の汚れうんぬんは置いといたとして、それ以外の場所も掃除をサボりがちになってしまいました。以前は2~3日に1回だった掃除を、最近は一週間ぐらい放ったらかしちゃってるかもしれません。

汚れが目立たないという点においてはメリットとも言えるのですが、逆にデスクマットを敷いていない場所のホコリがめちゃくちゃ目立ちます。

 

1〜2日はゴム臭と格闘する羽目に

この手の道具とは切っても切り離せないデメリットですね。

裏がラバー加工されているため、商品の開封後しばらくはニオイに悩まされるかもしれません。私はそこまで気になりませんでしたが、こればっかりは個人差があるでしょうし何とも言えませんね・・・

気休めかもしれませんが、対処法になりそうな記事を載せておきます。よかったら参考にしてください。

関連記事

諸事情でアロマに手を出しづらい方に勧めたい “プレミアム芳香剤のまとめ買い” という選択肢

SOFER Smile-2レビュー:まるで切り株?男部屋にも馴染むお洒落アロマディフューザー

 

まとめ

まとめると、こんな感じです。

  • 指紋や皮脂が付かないので掃除がラク
  • ホコリが目立たないので掃除がラク
  • マウスパッドが不要になる
  • 手触りサラサラ
  • 滑り止め加工されているのでズレない
  • ホコリが目立たなさ過ぎて掃除の頻度が減ってしまった
  • 馴染むまではゴム臭が気になるかも

難点をしいて挙げるなら、ゴム臭ですね。

Amazonのレビューでも、この手の商品に対して一定数の方々が必ず低評価を付けていたりしますし、耐えられない人には耐えられないのだと思います。いつか無臭のゴムが開発されるまで、我慢するしかないんでしょうねぇ・・・

 

あとがき

ノーブランド品ということで品質については目をつぶる覚悟でしたが、全然問題ありませんでした。念のため1枚だけの購入に留めておきましたが「これなら、まとめ買いしても良さそうかな」という感じです。

なお、Amazonの商品レビュー欄で “折りたたまれた状態で送られてきた” というコメントをいくつか見かけましたが、記事冒頭に掲載した写真の通り、私の場合は普通にロール状態で包装されていました。クレームが反映されたのか、ショップによって梱包方法が異なるのかは不明ですが、一応シェアしておきます。

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします