様々な機種が混在する Androidスマホ/タブレットですから、不具合が出る端末・出ない端末というのは当然出てきます。

例えば・・・私は Android機を2つ持っているのですが、片方の端末ではアプリのアップデートなどが滞りなく行われる一方で、もう片方の端末ではいくら待ってもアップデート画面が表示されません。

appupd01

ちなみに原因をググってみると、大体以下のような対処法が出てきます。

  • 要らないアプリやデータの削除
  • キャッシュの削除
  • システムアップデートしていない
  • 端末の再起動
  • Google Playアプリの再インストール

上記のうち “システムアップデート” 以外の対処法を試してみたところ、残念ですが該当の端末では改善されませんでした。

もちろんシステムアップデートも試したのですが、いわゆるカスタムリカバリ(私の場合はTWRP)のメインメニューが表示されるのみで、いつまで経っても先へ進みません。
※これについては、端末を root化しているのが原因ですので諦めました(後述します)

また、それとは別件で、スクウェア・エニックス社の人気RPG『ロマンシング サガ2』を起動すると、認証画面で必ずフリーズします。スクエニ系のAndroidアプリには他にも『ドラゴンクエスト8』など認証が入るアプリが存在するのですが・・・購入後この仕様に気付いた時はだいぶヘコみましたね。

さて、“アプリが更新できない” “スクエニアプリが認証時にフリーズする” という一見関連性の無さそうな2種類のトラブルですが、似たような対処法で両方とも解決しました。今回は、その方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

 

アプリのインストールが進まない&更新画面で止まる場合のMy対処法

Chromeからテキトーなアプリを検索したら、[PLAY STOREアプリで開く] ボタンをタップして Google Playを開いてみてください。これでひとまず、アップデート画面が表示されるようになるはずです。

appupd02

 

問題はここからです。

アップデートが途中(更新データのダウンロード)まで進行したは良いものの、なぜかいくら待ってもインストール作業へと移行しません。

appupd03

 

後に気付いたのですが、放っておけばインストール作業自体は始まるみたいです。ただ、他のAndroid機と比べると、インストール開始までの待機時間は明らかに長いですね。

何個も更新アプリがある場合はいちいち待っていられないので、ここで強硬手段に出ます。

いったん Google Playストアアプリを完全に終了させてください。ただ閉じるだけではなく、□ボタン(タスクボタン)で起動中のアプリをウィンドウ表示させ、ストアアプリをスワイプして消すところまで行わないと意味がありません。

appupd04

 

再びストアアプリを起動すると、左上にインストール中の状態を示す矢印アイコン(↓)が表示されます。あとは、このまま待っていれば大丈夫です。

appupd05

 

更新アプリのページを開いてみると、先ほどインストール作業を行っていたアプリがリストから消えているはずです。

appupd06

ちなみに『Puffin Web Browser』という別のブラウザで同じ手順を再現してみましたが、こちらだとインストール作業が上手くいきませんでした。

原因は不明ですが、とにかく Chromeを経由することによって、一瞬だけ “塞がれていた穴” が開く、みたいな感じなのかもしれません。なんか、シュタインズゲートみたい。

パソコンのフリーソフトなどでも、よく「ダウンロードが自動的に始まらない時は、こちらのボタンを押してください」的な案内ありますよね?ニュアンス的には、あれが一番近い気がします。

 

スクエニアプリ等が認証時に止まる場合のMy対処法

普通に『ロマサガ2』を起動すると、このような感じで認証中の画面から先へ進みません。

appupd07

 

前項では Chrome経由でストアアプリを開くことによって、トラブルが解消しましたが・・・今回はストア内にある該当アプリのページまで行き、ページ内の [開く] ボタンをタップしてアプリを起動してみてください。

appupd08

 

すると、認証作業が行われた後にきちんとタイトル画面が表示されました。もちろん普通にプレイ可能です。

appupd09

 

『Minecraft』も同じ方法でフリーズを回避できます

スクエニアプリではないのですが『Minecraft』も似たような感じで、タイトル画面に移る前段階(ロゴの段階)でフリーズしてしまいます。ちなみにこちらも、全く同じ対処法で解決できました。

appupd10

 

あとマイクラの場合、もう1つの対処法として “BlockLauncher(Modアプリ)経由で開く” 方法も有効ですね。面倒くさいので、私はこちらの方法を使っています。

appupd11

 

で・・・スクエニ認証アプリ・マイクラ両方に共通している要素を考えてみたのですが、いずれも “オンライン接続” が絡んでいるんですよね。

ちなみに、マイクラにおけるオンライン要素は、テクスチャパックやマップなどのアプリ内課金(ストア)の存在です。

appupd12

 

これが BlockLauncher経由になると、ストアにアクセスできないため完全オフライン状態でマイクラが起動されることになります。

appupd13

このことから私は、”起動時にオンライン接続が発生するアプリはフリーズする” という仮説を立ててみました。逆に言うと、”完全オフラインアプリならフリーズしない” ということになりますね。

Androidアプリのライセンス認証は海賊版対策として導入されたという経緯があるわけですが、その要素が正規購入ユーザーを苦しめる結果へと繋がっているという皮肉。

当記事ではとりあえずの対処法をご紹介しましたが、こういった手順を踏まないとアプリの更新やライセンス認証ができないとなると、なかなか歯がゆい状況ではありますね。

 

原因はもしかしてroot化?

冒頭でも軽く触れましたが、私が持っている Androidタブレットは既に root化しているため、システムアップデートができません。どうしてもシステムアップデートしたい場合は iOSで言うところの “入獄” 作業を行い、出荷時の状態に戻すしか無さそうです。

アプリの更新が進まなかったりスクエニアプリが認証時に固まる原因として、私は “root化” の線も疑っています。

ですが、もう1つのほうの Androidタブレットは root化していようがいまいが普通にアプリは更新できているので、これが原因と言い切ってしまうのもなぁ・・・といった感じです。

端末を入獄状態に戻すとなるとまあまあ作業が面倒なので、今のところ戻すつもりはありません。ただ、気になるっちゃ気になりますし、システムアップデートをしないことによるセキュリティ面での心配もあるので、気が向いたらそのうちやると思います(検証記事でも書きながら)。

 

まとめ

まとめると、こんな感じです。

  • アプリ更新ページが開かない時は Chrome経由でストアアプリを起動
  • アプリ更新時に固まる場合は、ストアアプリを再起動
  • ロマサガ2やドラクエ8で認証時にフリーズする場合は、ストアアプリ経由で起動
  • マイクラが起動時にフリーズする場合も、ストアアプリを経由すれば起動可能
  • マイクラ起動時のフリーズは BlockLauncher経由でも回避できる
  • 起動時にオンライン接続が発生するアプリはフリーズするっぽい
  • 完全オフラインアプリならフリーズしないはず
  • root化が原因の可能性もゼロではないかもしれない

繰り返しになりますが、もう1つの Android機では同様のトラブルは一切発生していません(両方とも root化しています)。もしかすると、機種や OSのバージョンによって不具合が出たり出なかったりするのかもしれません。

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします