※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

ブログのこと

身に覚えの無い503エラーの犯人は "悪徳業者" や "荒らし" かも?

2017年11月9日

※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

11月に入って早々、大規模な503エラーが発生してしまいました。期間中にご訪問いただいた方々にとっては、相当なストレスだったかと思います。申し訳ありません。

ついこの間も全く同じテーマの記事を投稿した矢先の出来事だったので、本っ当にウンザリしています。

とは言え、前回の503エラー発生時点で、それなりに対策は施しているわけです。

画像も普段から圧縮して使っているし、キャッシュプラグインも導入済。動画埋め込みについては、過去記事はともかく現在は多用を控えています。

「じゃあ、一体何が原因なんだ?」ということで、調査を続けることに。

スポンサードリンク

 

503エラー発生時に役立つ "リソース情報" と "エラーログ"

当ブログの場合は『さくらインターネット』になるのですが、サーバコントロールパネル上から "リソース情報" と "エラーログ" を確認できます。

  • リソース情報の確認方法:左サイドバー [運用に便利なツール] → [リソース情報] → [リソース使用状況 (HTTP503エラー発生状況)]
  • エラーログの確認方法:左サイドバー [アプリケーションの設定] → [アクセスログの設定] → [エラーログの表示]

ご利用のレンタルサーバーによって場所や名前が異なるかとは思いますが、同じような機能は搭載されているはずです。

 

"リソース使用状況" で503エラー発生回数を確認しよう

まず、リソース使用状況で503エラー発生回数を確認してみたところ、11月6日に "34394回" という恐ろしい数値を記録しています。

  • 10/30:27回
  • 10/31:0回
  • 11/01:1回
  • 11/02:0回
  • 11/03:7447回
  • 11/04:3159回
  • 11/05:6601回
  • 11/06:34394回

skr503_1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

-ブログのこと