どうも、ハガネ屋です。

いや〜それにしても・・・有料(準有料含む)WordPressテンプレートのSEO効果が
いかに凄まじいのかを、ひしひしと感じつつある今日この頃って感じで。

ときに、以前僕が書いたアクセス推移の記事についてなんですけど。

ここ2週間のアクセス数の推移をまとめてみた。

 

この、比較的安定したアクセス数を稼いでいた頃の
僕のSEO対策知識と言えば、それはそれは浅いものでした。

まあでもある意味、正攻法かもしれません。
「訪問者の属性に合ったテーマの記事」を「日刊で書き続ける」だけなので。

 

大体にして、定番プラグイン「All in One SEO」を入れておきながら
肝心のSEO対策をまるっきし行っていなかったぐらいですからね(笑)

af0167

ほんと、つい最近まで「↑程度のレベル」でした。

 

 

スポンサードリンク

 

 

「裏側(土台)も手を抜かない」のが一流ブロガー。

こちらをご覧ください。

af0168

なーんのSEO対策も施していないに等しい「当サイトの個別記事」です。

 

では次に、こちらをどうぞ。

af0169

とある超一流ブロガーさんの人気個別記事です。
(※露骨に引用はさすがにアレなので、モザイクかけてます)

ページランクから、SNSのシェア数から物凄い数。
自分のサイトがみっともなさ過ぎて、恥ずかし過ぎる(爆)

いても立ってもいられなくなったので、早速
当サイトも、個別記事にSEO対策を施してみることにします。

 

All in One SEO Packの一般設定

「All in One SEO Pack」プラグインの用意が整ってなければ、
こちらから、インストール&有効化しちゃいましょう。

DOWNLOAD

 

尚、一般設定(General Settings)については以下のとおりです。

※現時点での当サイトの設定ってだけで、100%正解ではありません。
色々な方のサイトを参考にしつつ、設定を反映していってください。

参考:All in One SEO Packの設定方法|ライブライフ

 

af0174

【General Settings】

  • Canonical URLs:チェック
  • Use Original Title:「利用停止」にチェック

【Home Page Settings】

  • ホームタイトル:サイトのタイトル
  • ホーム詳細(Description):サイトの説明を記入
  • ホームキーワード(コンマで区切る):狙いたいキーワード

【Keyword Setteings】

  • Use Keyword:「利用」にチェック

【Title Settings】

  • タイトルを書き換える:「利用」にチェック
  • Capitalize Titles:チェック
  • カテゴリータイトルを大文字にする(英字のみ):チェック
  • 投稿タイトルのフォーマット:%post_title%

【Custom Post Type Settings】

  • カスタム投稿用のSEO:「利用停止」にチェック

【Display Settings】

  • Show Column Labels for Custom Post Types:「投稿」「固定ページ」にチェック
  • Display Menu In Admin Bar:チェック
  • Display Menu At The Top:チェック

【Webmaster Verification】

【Google Settings】

【Noindex Settings】

  • アーカイブをnoindexにする:チェック

【Advanced Settings】

  • 詳細を自動生成:チェック

※元々チェックが入っている項目もあるかもしれません。

 

ちなみに、Title Settings内「投稿タイトルのフォーマット」は、
初期状態だとブログタイトル(%blog_title%)が入っているので外します

ブログタイトルが個別記事に入らないほうが
SEO的には有利に働くとのこと。キーワードがブレちゃいますからね。

 

All in One SEO Packで個別記事にSEO対策を施す方法

All in One SEO Packをインストールすると、
「投稿の編集」内にも個別設定欄が出現します。

af0170

  • Title:Google検索結果に反映されてほしいタイトル
  • Description:Google検索結果に反映されてほしい説明文
  • Keywords(comma separated):Google先生に拾ってほしいキーワード

 

つまり、サイト内の個別記事における「記事タイトル」「簡単な説明文」と
Google検索結果に「反映されてほしい」記事タイトル&説明文が異なる場合。

All in One SEO Packを活用することによって、
それらを使い分けることが可能になるということです。

 

例えば、僕はニュース系記事に日付や目印を付けて区別していますが、
「検索結果で日付や目印だけ省きたい」場合など、All in One SEO Packが使えますね。

あとは「サイト内でのニュアンスにこだわりがある」けど、
「検索結果的には、キーワードをベタに拾ってほしい」場合とか。

 

設定が終わったら「SEOチェキ」でチェックしてみよう。

と、そんなことを考えながら個別記事にテコ入れをしていたら
「SEOチェキ」上では、大体こんな具合に落ち着きました。

af0171

 

投稿一覧では「SEO Title」「SEO Description」内に表示されます。

af0172

 

この調子で、他の過去記事にも個別SEO対策を施しましょう。

af0173

 

総括

Pinboardを導入したのが、今月の1日。

WordPressテンプレートをPinboardに変更してみた

そして、この記事を執筆しているのが一週間後の7月8日。

 

テンプレート変更後、アクセスは確実に「ガタ落ち」しました。
サイトタイトル、キーワードをいじった影響も少なからずありますけど。

そして・・・以前使っていたテンプレートは
例外なく「復興」が早かった。案の定、Pinboardは苦戦中。

 

「小難しい事をあまり考えず、記事書くだけで上位表示させたい」
そんな方に、Pinboard等の無料テンプレートは、あまりにも高リスクです。
Pinboard使ってる人をあまり見かけないのは、それが理由なのかも?

ともあれ、賢威などの有料テンプレートは「間違いなくSEOに強い」ということが判明しました。
(”クレジット表示” を条件として、SEOに強い無料テンプレートを提供されている方もいらっしゃいます)

無料WordPressテンプレートを検討中の方は、
その辺りも考慮したうえで、導入されるとよろしいかと思います。

参考:無料テンプレートと有料テンプレートはどちらが良いのか|レンサバネット

スポンサードリンク