http→httpsへの置換だけではなく、全く異なる文字列への置換も可能です。上手くリダイレクトしてくれなかった画像も無事に復活しました。