90年代的な閉塞感を抱えつつも、ブリティッシュ・ロックの上品な質感を守っているため、往年のメタルファンでも違和感なく聴ける作品です。