発生すると機会損失を招いてしまう503エラー。急激なアクセス増だけが原因とは限らないため、訪問者の少ないブログも油断はできません。