Paul Di'Annoさんの歌唱法に拠る部分も大きいですが、後年の作品で薄れてしまった、パンク・ロック由来の "ザラザラ感" を感じます。