デスクワークの質を向上させるのは、デスク周りの道具だけとは限りません。時には、全然違うジャンルの道具が突破口になる場合も多いです。