URLを打ち込むだけで、ベンチマークを測定可能です。測るたびに数値が変動するので、ある程度の目安として使うと良いかもしれません。