元々大作主義的な世界観を好むバンドが『The X Factor』辺りから明確に打ち出した "プログレメタル" 路線に、ようやく質が追いついた作品です。