サウンド面においてのヘヴィメタルを確立した本作は、NWOBHM以降の "メロスピ" 系バンドのご先祖様的なサウンドとも解釈できます。#1は必聴。