品質最優先なので「どこまで作品をカバーしきれるのか?」という心配は多少あるものの、これからが楽しみなネット百科事典サイトです。