Queensryche

Queensryche

【鋼】Operation: Mindcrime『The Key』レビュー

フックの効いたアレンジ&繋ぎのSEで "味わい深いオルタナ路線" へと脱皮した作品です。John MoyerさんとRandy Ganeさんの貢献度高し。

Queensryche

【鋼】Queensryche『Frequency Unknown』レビュー

ゲストの無駄遣い感は否めませんが、オルタナ路線の作品にしてはギターソロ多めなのが嬉しい所。大人げないジャケ絵はさておき、楽曲は悪くありません。

Queensryche

【鋼】Queensryche『Condition Human』レビュー

前作を "EPの再来" とすれば、本作は "2015年版The Warning"。「シンプルなEPと、やや複雑化した1st」の関係性が、黎明期の2作と似ています。

Queensryche

【鋼】Queensryche『Queensryche(2013)』レビュー

まるで『Promised~』以降が無かったことにされているかのような "復活作" ですが、単に80年代懐古主義を狙った後ろ向きな作風ではありません。

Queensryche

【鋼】Queensryche『Dedicated to Chaos』レビュー

"本家Queensryche" と "偽Queensryche" の「主導権を握るのは俺たちだ」と言わんばかりのバチバチ感が聴きどころ。

Queensryche

【鋼】Queensryche『American Soldier』レビュー

『Q2K』『Tribe』の音楽性をベースに『Hear~』の取っつきやすさでまとめ『Promised~』レベルの味わい深さを再現した作品、といった印象です。

Queensryche

【鋼】Queensryche『Operation: Mindcrime II』レビュー

低迷期をスルーした方にとってはオルタナ色が若干鼻に付くかもしれませんが、"あの頃" のメロディラインやリフが久しぶりに復活しています。

Queensryche

【鋼】Queensryche『Tribe』レビュー

隠し味程度のトライバル・ヘヴィ・サウンドに乗せて、6th『Hear~』や7th『Q2K』での実験結果を総括。低迷期脱出の "最後の砦" となる作品です。

Queensryche

【鋼】Queensryche『Q2K』レビュー

K-POPアイドルみたいな作品タイトルはともかく、USオルタナのみならずUK発祥のジャンルにも手を伸ばす辺りがいかにもQueensryche的。

Queensryche

【鋼】Queensryche『Hear in the Now Frontier』レビュー

Queensrycheにしか出せないサウンドではありませんが、シリアスな音楽性を生業としていたバンドによる "変化球" はなかなかに新鮮です。

© 2012-2020 ハガネヤドットネット All Rights Reserved.