音楽レビュー

音楽レビュー

【鋼】LADYBABY『ONE YEAR BEST~2015-2016~』レビュー

2021/5/24    

黒宮さん・金子さんの歌唱力が光る楽曲もありますが、本作の時点では "合いの手担当" の印象が強く、フォロワーの域を脱していない雰囲気はあります。

音楽レビュー

【鋼】Helloween『Walls of Jericho』レビュー

2021/5/26    

NWOBHMの影響をやや残しつつ、後の音楽性の片鱗を感じさせる場面も。「正統派は好きだけどパワーメタルはやや苦手」という方にオススメ。

音楽レビュー

【鋼】Slayer『Repentless』レビュー

2021/5/26    

2ndの "地獄" 感と、6thのテクニカルな作風が融合。歴代最高クラスの聴きやすさで、従来ファン&新規ファン両方にウケそうな作品です。

音楽レビュー

【鋼】Slayer『World Painted Blood』レビュー

2021/5/26    

メタルコア/メロデス世代に焦点を合わせたモダンなスラッシュメタル。4th・5th並のバランスの良さによる "飽きの来ない" 楽曲構成が魅力。

音楽レビュー

【鋼】Slayer『Christ Illusion』レビュー

2021/5/26    

Dave Lombardoさんの復帰により、前のめりなスラッシュサウンドが復活。"Reign in Bloodの復刻版" とも言える、セルフ・オマージュ色強めな作品。

音楽レビュー

【鋼】Slayer『God Hates Us All』レビュー

2021/5/26    

Slipknotの活躍によりSlayerの前に現れた "エクストリーム系ニューメタル" という第3の選択肢。"最高傑作の焼き直し" とは無縁の意欲作。

音楽レビュー

【鋼】Slayer『Diabolus in Musica』レビュー

2021/5/26    

ある意味、4th〜5thの "グルーヴメタル" 路線を "ニューメタル" 路線にリメイクした作品。二代目ドラマーPaul Bostaphさんの貢献度は前作以上。

音楽レビュー

【鋼】Slayer『Undisputed Attitude』レビュー

2021/5/26    

短めの原曲を1トラックにまとめたことによる "二部構成" 感が秀逸。1stのギャップと、3rdの前のめり感を兼ね備えた、良質のハードコアパンク・カバー作。

音楽レビュー

【鋼】Slayer『Divine Intervention』レビュー

2021/5/26    

単純なオルタナ化というよりは "オルタナ要素を持つNYHC" のメタル版。テクニカルな楽曲と好相性なPaul Bostaphさんのタイトなドラムが魅力。

音楽レビュー

【鋼】Slayer『Seasons in the Abyss』レビュー

2021/5/26    

"Reign in Bloodの再来" 的なワクワク感と "South of Heaven寄り" のメリハリが効いた楽曲構成を両立。ハードコア路線のシンプルな疾走曲がクール。

© 2012-2021 ハガネヤドットネット All Rights Reserved.