NWOBHM・ハードコア要素と共存する "ブラックメタルへの架け橋" 的な楽曲が異質。"あの" Slayerとは思えない本作独自の雰囲気は魅力的。