次作以降のスポーティな雰囲気とは異なる "呪術的" で "不協和音" 気味なサウンドが不気味。総収録時間の短さと大作主義を両立した意欲作。