座標の存在によって軽視されがちですが "針の先を追っかけていればスポーン地点に帰れる" というコンパスならではのメリットもあります。