黒宮さん・金子さんの歌唱力が光る楽曲もありますが、本作の時点では "合いの手担当" の印象が強く、フォロワーの域を脱していない雰囲気はあります。