どうも、ハガネ屋です。

前々から気になりつつも、何となく素通りしていたんです。これ↓

af0128

 

はい。Googleに著者(管理人)情報を載せる方法のことです。

実を言いますと僕、有料サービスだとばっかり思ってたんですよ。
あるいは、高級WordPressテンプレート使用者限定の機能なんだろうなーとか(笑)

で、調べてみたんですが「Google+」に登録するだけで良かったんですね。

スポンサードリンク

 

Google+で使用する各画像のサイズ

というわけで、早速登録を済ませちゃいました。

af0129

備忘録も兼ねて、一応書いておきますが。

プロフィール画像(顔写真)のサイズは250×250ピクセルでオッケーです。
カバー写真(背景画像)は480×270〜2120×1192ピクセルの間で設定します。

とりあえず画像関連は、その二種類だけ用意しとけば問題ありません。

 

最低限やるべきこと

ここから先は、こちら3つのサイトを参考にさせていただきました。

【公式】rel=”author”を使用してコンテンツをGoogle+プロフィールとリンクする

Google著者情報掲載でアクセス数アップ!

rel=”author” link要素で著者情報をGoogle検索結果に表示させる方法

 

すごく簡潔に書くと、やるべき事は以下の2項目だけです。

・プロフィール設定「寄稿先」に自分のブログ、サイトURLを登録
・自分のサイトからGoogle+に向けて、リンクを張る

 

で「優先順位的には公式からだろ」って事で、まずはGoogleの説明に沿う。

af0126

とにかく「最上部」との事なので、head内に貼り付けたわけですが。。。

 

af0127

左上に、呪いの刻印Google印が押されてしまいました。残念!

 

というわけで、上記ブロガーさんの記事を参考に
Google印が入らないリンクに差し替えてみます。

af0130

消えたかどうかは、当サイトの左上をご覧あれ(爆)

 

で・・・結果は?

すぐに反映されればオチとして完璧なんですが(笑)
この記事を書いている時点では、未だ反映されていません。

先ほどのサイトでも「数日掛かる場合もある」との検証結果もあれば、
「すぐに反映される」場合もあるとの事。どうやら個人差があるようですね。

ということで反映されたら、後日改めて書こうかと思います。

スポンサードリンク