HAGANEYA(@imech_jp)です。

PCを使ってフリーランスの仕事をされている方やデスクワーカーな方々にとって役立ちそうなアイテムをまとめてみました。

人によっては(仕事環境的に)使えないものもあるかもしれませんが、よかったら参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 

直接的にモチベーション&作業効率をアップさせる道具

デュアルモニター

作業効率を上げようと思って真っ先に導入したのが、デュアルモニター(デュアルディスプレイ)環境でした。

元はと言えば、当時使っていた 2009年製のネットブック『Aspire one AOD250』の画面が狭過ぎて「広々とした作業環境が欲しい!」との思いから購入したことがキッカケです。

そもそもノートPC の画面を拡張できること自体を知らなかったので、本当に驚きました。その後しばらくデスクトップPC 派になってしまったのは、この時のインパクトによって “画面は広いほうが便利” だという価値観が生まれたからだと思います。

デュアルモニターに関して言えば、誰もが「最初に導入したほうが良いよ」と口を揃えて言うほど “ド定番の作業効率化アイテム” なので今さらですが、それだけ費用対効果が大きいという何よりの証明とも言えるでしょう。

個人的意見ですが、以下は “どのぐらいモニターを増設したら良いか” の感覚的な目安です。

  • 2枚体制 → 間違いなく効率が上がる
  • 3枚体制 → 人によっては効率が下がるかもしれないけど “あると便利”
  • 4枚体制 → モニター別に用途を決めた上での導入なら役に立つ
  • 6枚以上 → 株・FXをやっている人向け

私の場合、デスクトップPC×2枚・ノートPC×2枚の “実質4枚” で作業していますが、このぐらいがちょうど良いと思います。

もう1枚あれば言うこと無しですが、Windowsキー(窓キー)+カーソルキーでウィンドウを切り替えながら作業すれば、2枚体制でも全然イケます。

関連記事

予算3万円で肩こり防止に役立ちそうな “大きめ” PCモニターを探してみた

デュアルディスプレイを正方形→ワイドに新調!やっぱり作業効率が上がった

 

エルゴノミクスキーボード

エルゴノミクスとは “人間工学的” という意味になるのですが、PC周りのデバイスにこのワードが使われている時は大抵 “腱鞘炎予防アイテム” と思ってもらって問題ありません。

丸3年以上お世話になっている人間の率直な感想としては「モチベーションが上がるというよりは “モチベーションを下がりにくくしてくれる” キーボード」でしょうか。

タイピングしていてモチベーションが下がる一番の理由って “手首&指の疲れ” だと思うんですが、そこを和らげる効果は間違いなくあります。

関連記事

Sculpt Ergonomic Keyboardレビュー:前モデルの欠点を緻密に補う正統後継機

丸3年使って見えてきた『Natural Ergonomic Keyboard 4000』の長所&短所

 

トラックボールマウス

「これで作業効率が上がるなんて絶対にウソだ」と決め打ちしていたため、導入が大幅に遅れたアイテムです。もっと早く買っておけば良かった・・・

意外に思われるかもしれませんが、一旦慣れてしまえば “トラックボールはマウス以上に細かい作業に向いている” と断言できます。

もし「どうせノートPCのタッチパッドみたいなもんなんでしょ?」と考えられているのであれば、騙されたと思って導入してみてください。確かにタッチパッドを彷彿とさせる操作性ではありますが、操作部分が “球体” になっているだけで使い勝手・フィーリングは全然変わってきます。

“意味もなくコロコロ転がしたくなる” というのも、隠れたメリットかもしれません。仕事の合間に気軽に気分転換したい時などは結構役立つと思います。

関連記事

ケンジントンExpertMouse K72359レビュー:手首の負担を5本の指に分散した人間工学的トラックボールマウス

 

パソコンデスク

パソコンデスクは、投資先としては後回しでも良いかもしれません。

ただ「フリーランスで生計を立て続けてやる!」という覚悟があるのであれば、このように “プロ感を演出する” 行為はモチベーション向上へとつながりやすいです。

演出というのは、他人に対してというより “自分に対して” の部分が大きいかもしれません。プロ仕様の作業環境で “脳を騙し続ける” ことで、自分の仕事に誇りを持てるようになります。

関連記事

何でも置きたい人必見!Viseo『L字型ガラスPCデスク』の収納力&デザインがエグい

【2017年版】パソコンデスク・キーボード・マウスを一度に新調してみた

予算3万円で揃えられるパソコンデスクとキーボードを探してみた

 

オフィスチェア

パソコンデスクはともかく、オフィスチェアは重要です。とりわけ、フリーランスなデスクワーカーにとっては “一日の大半を過ごす場所” なので、可能であれば真っ先に投資すべき道具でしょう。

私の場合「疲れた時に “180度リクライニング” して休みたい」という明確な購入動機があったので、コチラを選びました。”姿勢矯正効果があるもの” や “ヘッドレスト付き” など人によって重視すべき機能は異なるので、ご自分に合ったオフィスチェアを探してみてください。

そういえば、このオフィスチェア『バナおぎやドリーのもろもろのハナシ』で取り上げられていましたね。バナナムーンPodcast でも座椅子トークで3週ぐらい引っ張ってた回があったし、設楽さんってこういう家具好きそうだもんなぁ・・・

関連記事

「安かろう悪かろう」を払拭!『タンスのゲン』のリクライニング&オットマン付きOAチェアは有能だった

 

スピーカー

当記事では Bluetoothスピーカーをご紹介していますが、PCだけで使うのであれば有線スピーカーでも良いと思います。というか “音質・音圧を求めるなら、サブウーファータイプの有線スピーカー” 一択ですね。

とりあえず、”単純作業には音が無いとツラい” です。

たまに無音のほうが仕事が捗る時もありますが、まあ飽きます。『radiko』も『YouTube』も『iTunes』もスピーカーが無ければ楽しめません。

スマホで音楽を聴くにしてもイヤホンずっと付けてると耳が痛くなるし、内蔵スピーカーは音圧がイマイチなので、スピーカーは1台持っておくと重宝すると思います。

関連記事

Anker SoundCore:音質・駆動時間・デザインのバランスが抜群な低価格Bluetoothスピーカー

 

ブルーライトカットレンズ(PCメガネ)

PCメガネ(ブルーライトカットレンズ)は、PC作業が多い方にとっての強力な味方です。コレを掛けて作業をするだけで、延々とディスプレイを見続けることが可能になります。

あまりにも目が疲れないため、ついつい昼夜逆転してしまいがちなのが難点と言えば難点でしょうか。

ですので私の場合、生活リズムが狂わないよう “作業以外でPCを使う時はPCメガネを掛けない” ようにしているほどです。わざと目を疲れさせる時間を設けなければいけないぐらい、効果があります。

関連記事

冬季うつで眠くなって作業効率が落ちる人がしておくべき5つの予防策

 

キッチンタイマー

キッチンタイマーで時間制限を設けて作業をすると、脳が勝手に「どう動けば時間内に終わる?」と焦り出すため、仕事が時間通りに終わりやすくなります。

仕上がりはぶっちゃけ6割前後ぐらいまで落ちてしまいがちですが “成功体験が積みやすくなる” ので、長い目で見れば有益なアイテムだと言えるでしょう。

ちなみに、以前は当ブログの記事執筆にも使っていました。文章量を増やしたくなったので最近はキッチンタイマーを使わずに執筆することが多いですが、モチベーションが下がってきたら再び使い始めると思います。

関連記事

時間に余裕がある時こそ「ポモドーロ・テクニック」で仕事をするべき理由

 

スマホ/タブレット用の充電器

今やスマートフォン・タブレットなどは、現代人の生活に欠かせません。

私の場合 iPhone で記事ネタ投稿用のアプリをよく使うため、バッテリーは常に余裕を持っておく必要があります。他にも「スマホが無いと仕事にならない」という方は多いのではないでしょうか。

わずか2~3千円で “予期せぬタイミングでのバッテリー切れと無縁の生活を手に入れられる” というのは、費用対効果の面から考えても相当デカいです。スマホ月額料金の半額ぐらいの価格で超大容量(20000mAh前後)のモバイルバッテリーが普通に買えちゃいますし、一つ持っておくと安心感が全然違います。

関連記事

ケーブル選びも重要?大容量モバイルバッテリー『RAVPower RP-PB052』でiPadを急速充電してみた

据え置き型4ポートUSB充電器の決定版?『RAVPower RP-UC07』は充電ケーブルの短さで悩む方にオススメ!

 

間接的にモチベーション&作業効率をアップさせる道具

トレーニング器具

人生という大きな括りで考えると、筋トレは最も費用対効果が高い投資先だと言えるでしょう。

体調が優れないのも、イマイチ気分が乗らないのも “身体を動かす習慣が無い” のが原因だったりします(もちろん、そうじゃない場合もあります)。

PC周りの道具のように買うだけで効果が出やすい類のものではなく、ある程度の自己管理力も必要です。ただ、序盤に多少頑張って続けていれば “自己管理能力そのものを養ってくれる” ので、騙されたと思って導入してみるのもアリだと思います。

こういうのを巷では “作業興奮” と呼ぶようです。

デスクワークに必要な作業興奮をデスクワークから得ようとする方もいらっしゃるようですが、そもそも “デスクワークをしたくない” という精神状態を払拭するのが目的なので、このやり方だと一生始まらなかったりします。

ちょっと前に流行った言葉を借りるなら、”ルーティーン” でしょうか。ルーティーンに “筋トレ” を導入してみるのはいかがでしょう?という提案ですね。

関連記事

想像以上の安定感!リーディングエッジのフラットベンチ『LEFB-005』レビュー

20kg×2個でお手頃価格のダンベルを探しているなら『pacific8』で決まり!

 

真空断熱タンブラー

特に “冬場のデスクワーク” で大活躍しますし、夏場は中に氷を入れておくことで保冷効果も期待できます。

1時間ぐらいであれば余裕で保温・保冷効果が持続しますし、1時間半ぐらいまでならギリ許容範囲です。

いざ使ってみると「”フタをせずに” この保温・保冷効果!?」と驚くことでしょう。水筒や魔法瓶などにありがちな “こもったニオイ” が苦手な方に超オススメです。

関連記事

メーカーの実験結果に偽りなし?サーモスの真空断熱タンブラー『JDE-420』レビュー

 

ミュートマイク (防音マイク)

デスクワークばっかりやっていると、ストレスが溜まりがちです。

また、フリーランスの場合どうしても “人と話す時間が減ってしまう” ため、会話能力が退化してしまう可能性もあります。

上記2つの問題を解決する方法は無いものか?と色々悩んだ結果、私が導入したのが “ミュートマイク(防音マイク)” でした。

なんとなく任天堂のものを選びましたが、類似商品もたくさん出ています。類似商品は基本的に「PCでカラオケしよう」的なノリのものなので、そちらを選ぶのもアリでしょう。

音読の習慣を付けるだけで、頭の回転やら滑舌やらが良くなるとも言われています。音読はある意味 “口の筋トレ” なので効果が無いということはあり得ないとは思いますが、ある程度の継続力は必要となってくるはずです。

関連記事

PCでも使用可能!音読用に『Wii Uワイヤレスマイク』と『マイクカバー』を導入してみた

 

ゲーミングタブレット

「PCでゲームしてしまう。スマホでもゲームしてしまう。仕事に使いたいのについつい・・・」なんて方は、試しにゲーミングタブレットを導入してみてはいかがでしょうか。

「成功するために、ゲームの類は全部捨てる!」というストイックな方も中にはいらっしゃいますが・・・ぶっちゃけ “リバウンド” 心配だったりしませんか?ゲーム断ちをした結果、よりゲームが頭から離れなくなってしまっては本末転倒です。

“何かを得るために何かを犠牲にする” という考え方はとても素晴らしいと思いますし、それを出来ちゃう方は尊敬します。ですが中には “気分転換が無いと潰れちゃう” という方もいらっしゃるでしょう。

ちなみに、なぜゲーミングタブレットなのかと言いますと、”基本無料ゲームが充実している” のと “Steamで出ているゲームのアプリ版がリリースされている場合が多い” という2点です。

PCゲーム(のアプリ移植版)などのプレミアムな作品も遊べるし、お金を節約したいなら基本無料ゲーやフリーゲームを探せばOK。3DS や PSVITA とは比較にならないほど解像度が高い。ゲームパッドが標準搭載されている・・・などなど、良いこと尽くしです。

関連記事

『GPD XD』レビュー:MFiコントローラブームに乗り遅れたiPhone/iPadゲーマーのための格安ゲーミングタブレット

ゲーミングタブ『GPD XD』で快適プレイ!おすすめ無料Androidゲーム12選

スポンサードリンク

 

最後に

デスクワークの質を向上させるのは、デスク周りの道具だけとは限りません。時には、全然違うジャンルの道具が突破口になる場合も多いです。

私の場合、トレーニング器具・真空断熱タンブラー・ゲーミングタブレット辺りが、その条件に該当する感じでしょうか。

鵜呑みにする必要は一切ありませんが、全て実際に導入していますし(少なくとも私の環境では)仕事に役立っていますので一応オススメしておきます。参考になれば幸いです。