HAGANEYA(@imech_jp)です。

最近、マウスからトラックボールに乗り換えました。

関連記事

ケンジントンExpertMouse K72359レビュー:手首の負担を5本の指に分散した人間工学的トラックボールマウス

【2017年版】パソコンデスク・キーボード・マウスを一度に新調してみた

予算5千円前後で腱鞘炎の予防&回復効果がありそうなマウスを探してみた

予算3万円で揃えられるパソコンデスクとキーボードを探してみた

過去の記事では「しばらくは併用しつつ動向を見守ってみようと思います」という文面で締めたのですが・・・既にマウスは使っておらず、USBレシーバーも取り外しています。

そもそも、効果を期待せずに導入したトラックボールが、購入から一週間やそこらで手放せなくなるほどのデバイスになるとは全く想像していませんでした。パソコンデスクやキーボードの乗り換えをメインで考えていたところに、思わぬダークホースが現れたものです。

さて、そんなトラックボールマウス『Kensington ExpertMouse K72359JP』ですが、いつものように便利ボタンを使用していると、ある時を境にボタンが反応しなくなりました。

スポンサードリンク

 

便利ボタンが突然反応しなくなった原因

具体的に言うと、4つある内の “右上” ボタンになります。

このボタンでペースト(貼り付け)作業をよく行っていたのですが、なぜか使えません。おそらく “ブラウザの進む/戻る” 操作のどちらかが、代わりのアクションとして動作している感じです。

なぜこうなったのか?理由を考えてみました。

「・・・前に使ってたマウス、取り外したよな。それまではトラックボールの右上ボタン普通に使えてなかったっけ?」

「そもそも、ExpertMouseの右上ボタンって “ペースト” がデフォルト設定なのかな?なぜにペースト?」

「・・・もしかして、右上ボタンのペースト機能って “前のマウスの設定が反映されてるだけ” じゃね?」

 

そうなんです。今回導入した ExpertMouse の右上ボタンって、本来 “初期状態では何も割り当てられていない” はずなんですよ。

大体、おかしいですよね。いくら自由に割り当てられる便利ボタンだからと言って、メーカーサイドで「とりあえず、◯◯でも割り当てとけば良いんじゃない?」みたいなノリで機能をテキトーに割り振るわけがありません。

つまり、原因はコレです。

  • “先代マウス専用のボタン割り当てソフト” の変更点が、トラックボール側にも適用されていた
  • それに気付かず “トラックボール右上の便利ボタンに、デフォルトでペースト機能が割り当てられていると勘違い” してしまった
  • 先代マウスを完全に引退させたら、設定もリセットされてしまった

 

“前に使っていたマウスのボタン割り当てソフト” はアンインストールしよう

というわけで、私が何をしたかと言いますと『エレコムマウスアシスタント5』のアンインストールです・・・って、8.50GB!?

1

 

以前使っていたマウス専用のボタン割り当てソフトになるのですが、これを使って、空いている2つのボタンに “コピペ機能” をそれぞれ割り振っていたわけです。

関連記事

使うほどに手に馴染むエルゴノミクスデザイン!『エレコム M-XGL10DB』レビュー

ExpertMouse の導入時点で既にペースト機能が割り当てられていたのも、前のマウスの USBレシーバーを取り外した途端にペースト機能が使えなくなったのも、全てコレが原因でした。

エレコムマウスアシスタントって、一度変更した設定は残るくせに “マウスが取り外されている状態だと設定し直せない(設定画面が開けない)” んですよね・・・

関連記事

混ぜるな危険!多機能マウスのボタン割り当てを『Synergy』と併用する際の注意点

 

ともあれ、以前のマウス環境を一旦リセットすることは出来ました。

もちろん、この状態で右上ボタンをクリックしても何も反応は起こりません。ケンジントンのボタン割り当てソフト『TrackballWorks』をインストールして、改めて機能を割り当てる必要があります。

2(4)

 

ボタン割り当てソフトの “併用” は厳禁!

「おかしいな~、おかしいな~」とは常々思っていましたが、案の定でした。

多機能マウスには、専用のボタン割り当てソフトが用意されていることがほとんどです。そんなマウスを複数導入して、それぞれの専用ソフトをインストールしていれば、そりゃ競合が起こるに決まっています。

一番良いのは、”ボタン割り当てソフトの類を一切導入しない” ことです。とは言え、多機能マウスは作業効率をアップさせるために導入しているわけで、便利ボタンを活用しないというのも本末転倒ですよね。

ですので、”ボタン割り当てソフトはメインで使っているマウスのもの1つに絞る” ようにすれば問題ないと思います。

スポンサードリンク