HAGANEYA(@imech_jp)です。

1996年リリース。スラッシュメタル・バンド Slayer が、自身のルーツの一つである “ハードコア・パンク” に焦点を当てて制作したカバー+未発表曲入りのアルバムです。

プロデュースは Rick Rubin さんが担当(エグゼクティブ・プロデューサー名義)。ミキシング及び共同プロデュースを Dave Sardy さんが担当しています。また、アートワークは 6th『Divine Intervention』と同様、Wes Benscoter さんによるものです。

さて、本作にはカバー曲だけではなく、3つのオリジナル曲が収録されています。ただし、直近で制作されたのはアルバム最後の『Gemini』1曲のみ。

#4『Can’t Stand You』#5『DDAMM (Drunk Drivers Against Mad Mother)』の2曲は、1984〜1985年に Jeff Hanneman さん(Gt.) のサイド・プロジェクト『Pap Smear』向けに書いた “4つの未発表曲” の内、2曲をリメイクしたものとなっています。

スポンサードリンク

 

短めの原曲を1トラックにまとめたことによる “二部構成” 感がメタル系カバーと好相性

通常盤

  1. Disintegration / Free Money(Verbal Abuse)
  2. Verbal Abuse / Leeches(Verbal Abuse)
  3. Abolish Government / Superficial Love(T.S.O.L.)
  4. Can’t Stand You(Pap Smear)
  5. DDAMM (Drunk Drivers Against Mad Mothers)(Pap Smear)
  6. Guilty of Being White(Minor Threat)
  7. I Hate You(Verbal Abuse)
  8. Filler / I Don’t Want to Hear It(Minor Threat)
  9. Spiritual Law(D.I.)
  10. Mr. Freeze(Dr. Know)
  11. Violent Pacification(D.R.I.)
  12. Richard Hung Himself(D.I.)
  13. I’m Gonna Be Your God (I Wanna Be Your Dog)(The Stooges)
  14. Gemini(Slayer)

 

欧州盤

  1. Disintegration / Free Money(Verbal Abuse)
  2. Verbal Abuse / Leeches(Verbal Abuse)
  3. Abolish Government / Superficial Love(T.S.O.L.)
  4. Can’t Stand You(Pap Smear)
  5. DDAMM (Drunk Drivers Against Mad Mothers)(Pap Smear)
  6. Guilty of Being White(Minor Threat)
  7. I Hate You(Verbal Abuse)
  8. Filler / I Don’t Want to Hear It(Minor Threat)
  9. Spiritual Law(D.I.)
  10. Sick Boy(G.B.H.)
  11. Mr. Freeze(Dr. Know)
  12. Violent Pacification(D.R.I.)
  13. Richard Hung Himself(D.I.)
  14. I’m Gonna Be Your God (I Wanna Be Your Dog)(The Stooges)
  15. Gemini(Slayer)

 

国内盤

  1. Disintegration / Free Money(Verbal Abuse)
  2. Verbal Abuse / Leeches(Verbal Abuse)
  3. Abolish Government / Superficial Love(T.S.O.L.)
  4. Can’t Stand You(Pap Smear)
  5. DDAMM (Drunk Drivers Against Mad Mothers)(Pap Smear)
  6. Guilty of Being White(Minor Threat)
  7. I Hate You(Verbal Abuse)
  8. Filler / I Don’t Want to Hear It(Minor Threat)
  9. Spiritual Law(D.I.)
  10. Sick Boy(G.B.H.)
  11. Mr. Freeze(Dr. Know)
  12. Violent Pacification(D.R.I.)
  13. Memories of Tomorrow(Suicidal Tendencies)
  14. Richard Hung Himself(D.I.)
  15. I’m Gonna Be Your God (I Wanna Be Your Dog)(The Stooges)
  16. Gemini(Slayer)

一応、輸入盤が全14曲・国内盤が全16曲となっていますが、#1『Disintegration / Free Money』#2『Verbal Abuse / Leeches』#3『Abolish Government / Superficial Love』#8『Filler / I Don’t Want to Hear It』の4曲は、前半・後半で異なる楽曲が収録されています。つまり、厳密には “+4曲” だということですね。

ぶっちゃけ「分けてほしかった」方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、あえて1トラックにまとめたことで “二部構成” 感が出ており、メタル・カバーの利点が発揮されている印象です。とりわけ #3 なんかは “継ぎ目” が分かりづらかったりしますし、違和感なく1つの楽曲として融合していることがわかります。

各カバー曲は、基本的に “原曲よりもスピードアップ” しています。ただし前述の “二部構成” 曲については、切り替わりのタイミングでテンションが落ちるのを防ぐためか、どちらか一方の楽曲にテンポを合わせているようです。

例えば #1 は、後半の Free Money に合わせて “前半の Disintegration が原曲よりもテンポアップ” しています。逆に #3 は、前半の Abolish Government に合わせて “後半の Superficial Love が原曲よりもテンポダウン” ・・・といった感じで、いたずらに速度を上げているというよりは “全体のバランスを考えた上で、速くするか遅くするかを曲単位で決めている” 印象です。

Sick Boy』『Violent Pacification』といった “本家 Slayer では絶対にありえない” メジャー・コードの楽曲はカバー・アルバムならではの楽しみであり、本作を初めて聴いた方はあまりのギャップに驚くと思います。

オリジナル曲の #4 と #5 は原曲が元々ハードコア系なので、他のカバー曲と全く違和感がありません(雰囲気を統一してることも大きいですが)。

一方で、最後の『Gemini』は本作リリースの数ヶ月前に完成した楽曲ということもあってか、露骨に作風が浮いています。終盤以外がほぼドゥーム・メタル系の激遅サウンドなのも印象的です。言い方はアレですが、スピード・チューンが続くため “口直し” 的な役割で収録されたのではないでしょうか。

 

Show No Mercy的な “ギャップ” と、Reign in Bloodの “前のめり” 感を兼ね備えた作品

Anthrax がセルフ・カバー・アルバム『The Greater of Two Evils』で原曲よりも速度を若干落としたのに対し、Slayer はカバー作で “速度を上げる” ことを選択。”セルフ・カバー” と “他人のカバー” という違いはあれど、それぞれのバンドの音楽的方向性に沿ったアレンジだと感じます。

本家と雰囲気が異なるという点では 1st『Show No Mercy』と同じような感覚で聴けますし、速さを追求しているという点においては 3rd『Reign in Blood』のスタンスとどことなく似ているかもしれません。

カバー・アルバムではあるものの、ちょうど 6th と 7th『Diabolus in Musica』の間の時期にリリースされているため、ファンにとってもメンバーにとっても “ナンバリングのスタジオ盤” 的なテンションで聴ける作品だと思います。アメリカで “25万枚” と、オリジナル作品と遜色無いセールスを記録していることからも、評価の高さが窺える作品です。

スポンサードリンク