HAGANEYA(@imech_jp)です。

勉強や何かの作業をしようと思っても、中々始められないことがあります。

こんな時の打開策。

例えば僕の場合、メインサイトの記事更新に関して言うならば「iPadを使うようになってから割と日刊で更新ができるようになった」と以前書きましたが、iPadがあっても活用しない人だっていますしね。

では、別の切り口で捉えてみてはどうでしょう。

スポンサードリンク

 

「なぜ?」を更に考えてみる

ブログの記事更新が中々できない、の理由が「ネタはあるけど、文字におこすのが何だか億劫で・・・」というものなのであれば。

「では “なぜ” 億劫だと思ってしまうのか?」を更に考えてみるわけです。

例えば、理由が「別の作業も両立していて疲れるから」なのであれば、その作業ができなくなる環境の時に記事を執筆してしまうとか。

ベタな所で言うと、やっぱり “屋外” ですよね。

別にiPad・iPhone・ノートPC等が無くてもいいじゃないですか。ノートとボールペンさえあれば十分。

外でプロット(構想)程度でも良いので書いてしまって、家に戻って後から清書をパソコンで書き始めるだけでも全然違うでしょう。なんなら、外で完全に記事を仕上げちゃっても良いわけですから。

 

屋外で作業をする最大のメリット

人によってはメリットにならないかもしれませんが、外出時ってのは基本的には “オフライン” じゃないですか。

「現代人は、誘惑が多過ぎるがゆえに勉強に集中できず、逆に可哀想」←理解のある先人の方々であれば、割と良く出てくる台詞のようにも思うのですが。

でも、これって本当じゃないですか。良くも悪くも、現代社会には誘惑が多過ぎる。

 

ですが、常に誘惑と隣り合わせかと言えば「そうでもない」んですよね。私は田舎者だから余計に・・・なのかもしれませんが。外に出ちゃえば、誘惑とは無縁です。

オフライン時に、ビジネス書籍や印刷したマニュアルを読むでも良いでしょう。iPadやタブレットPCがあれば、直接PDFなどを読んだって全然構わないわけです。

もっとも、高速なネット環境を屋外で構築していたら本末転倒ですけどね。あくまでも「“屋外でしか実現不可能” な状態を作り出す」という類の話ですので。

スポンサードリンク