HAGANEYA(@imech_jp)です。

2006年リリース。前作『Tribe』から3年ぶりとなる通算9作目のフルアルバムであり、1988年に彗星の如く現れた歴史的コンセプト・アルバム『Operation: Mindcrime(以下O:M1)』の正統続編として18年ぶりに制作された “シリーズ完結作” です。

プロデューサーには、米オルタナティブ・ロック・バンド Third Eye Blind の元メンバーでもある Jason Slater さんを起用。ちなみに彼は、10th『American Soldier』11th『Dedicated to Chaos』さらには、Queensryche 名義で出した Geoff Tate さんのソロ・アルバム『Frequency Unknown』のプロデュースも担当しています。

Sister Mary 役には O:M1 から Pamela Moore さんが続投。 そして Dr. X 役に、今は亡き Ronnie James Dio さんを迎え、対外的には万全の状態でリリースされた作品・・・のはずなんですが、後述する “リリースに至る経緯” があまりにも泥沼過ぎる上に、取って付けたような “O:M1の後日談” 的シナリオが足を引っ張り、巷では “失敗作寄りの賛否両論作” といった微妙な評価にとどまっているようです。

スポンサードリンク

 

“低迷期” をスルーしたか否かで、第一印象が大幅に異なる

  1. Freiheit Ouvertüre
  2. Convict
  3. I’m American
  4. One Foot in Hell
  5. Hostage
  6. The Hands
  7. Speed of Light
  8. Signs Say Go
  9. Re-Arrange You
  10. The Chase
  11. Murderer?
  12. Circles
  13. If I Could Change It All
  14. An Intentional Confrontation
  15. A Junkie’s Blues
  16. Fear City Slide
  17. All the Promises

本作は、聴く人によって第一印象が大きく異なります。3rd『O:M1』や 4th『Empire』以降の低迷期をスルーしたリスナーの多くは、おそらく “オルタナ色が鼻に付く” と感じたはずです。

一方、低迷期のオルタナ路線を通過してきたリスナーには “全盛期の Queensryche サウンドがやや戻ってきた” と好意的に受け取った方が多いのではないでしょうか。なぜなら、彼らのディスコグラフィを全て通過してきた方々にとって、Queensryche がオルタナ化したのは本作リリース時から10年以上も前の話であり、語弊を承知の上であえて言うならば “免疫が付いている” からです。

実際本作は、オルタナ化以降の Queensryche からは聴けなかった “あの頃の” メロディラインやリフが一部の楽曲で復活しています。

往年の Queensryche サウンドにモダンな音楽性が融合した #3『I’m American』を始め、名曲 Revolution Calling を渋めにアレンジした感じの #4『One Foot in Hell』や Breaking the Silence の緊張感溢れる雰囲気に通ずる #6『The Hands』など、楽曲単体で見ていくと良曲が無いわけではありません。少なくとも、低迷期のオルタナ御三家(Hear in the Now FrontierQ2K・Tribe)からは考えられないほど “あの頃” の音です。

中盤〜終盤の楽曲も “影の薄さ” は若干気になりますが、コンセプト・アルバム然としたシアトリカルなアプローチと言われれば、そんな気もしてきます。

本作が退屈に聴こえてしまう理由はおそらく “O:M1にシングル集レベルのキャッチーな楽曲が揃い過ぎていた” からであり、”コンセプト・アルバムらしさ” で言うならむしろ本作のほうが上かもしれません。

 

人が死にまくれば感動作品が出来上がるわけではない

にも関わらず O:M1 ほど感情移入できない原因は、やはり “ストーリー” にある気がします。

参考記事

17年目(!?)の『オペレーション:マインドクライム』|SPILL THE BEANS!~Talkin’ Bout A Revolution ※ネタバレ注意

ネタバレになってしまうので詳しくは触れませんが・・・Queensryche に限らず「人が死にまくれば感動作品が出来上がるわけではない」ということを、アメリカ人はもう少し真剣に考えないといけないと思います。

盟友 Dream Theater の『Metropolis Pt. 2: Scenes from a Memory』も人によってはストーリーが陳腐だと感じられるかもしれませんが、向こうには “驚き” がありました。

“復讐劇” というテーマ以外に売りが無い本作が、Metropolis: Pt. 2 や O:M1 に比べて “弱い” と思われてしまうのも仕方ありません。続編出すのは全然構わないけど “出すなら出すでもう少し練ってほしかった” というのが本音です。

 

“O:M1の続編” として出さなければ名盤扱いされていたかも

メタルファンにとって “歴史的名盤の続編が聴ける” というのは夢のような話ですが、本作リリースに至る経緯を知ってしまうと、個人的には複雑な心境です。

Geoff さんの妻であり、本作からバンドのマネージメントを担当している Susan Tate さんからの「O:M1の続編を作ろう」という提案に、Geoff さん以外の創設メンバー3人(Michael Wilton・Eddie Jackson・Scott Rockenfield)が難色を示したことや “その理由” を聞くと、いかに3人の態度がファン目線の誠実なものであったかがわかります(詳しくは Wiki をご覧ください)。

クレジットを見てみても3人は明らかに冷遇されており、ほぼ Geoff さんのソロ・プロジェクトみたいな状態にも関わらず “意外と聴ける” というのが何とも皮肉な作品です。

O:M1 の価値を落としたとまでは言いませんが、ストーリーの練り込み不足感を考えると「焦って出すほどの作品でもなかったのかな・・・」と思います。

スポンサードリンク