HAGANEYA(@imech_jp)です。

2015年リリース。BABYMETAL にとって初のライブアルバムとなる本作は、マスタリングを Ted Jensen さんが担当し、世界基準のクオリティを実現したメタル作品となっています。

ちなみに Ted Jensen さんが手掛けた作品として有名なのは、Green Day『American Idiot』、Metallica『Death Magnetic』、Korn『Path of Totality』他多数。国内アーティストでは、宇多田ヒカルさん・斉藤和義さん・吉井和哉さん・東京スカパラダイスオーケストラなどとも仕事をしています。

スポンサードリンク

 

アイドルのライブ作品と言えば “映像” のイメージだけど・・・

さて、そんな Ted Jensen さんの手腕も相まって、本作は非常に聴き応えのあるライブ盤となっています。

そもそも “アイドルのライブ音源” って、普通にリリースされているもんなんでしょうか?ちょっとそちら方面は詳しくないので何とも言えないのですが・・・ただ個人的には、アイドルのライブ作品と言えば “映像” のイメージが強いです。あくまでも “動きありき” といった印象。

逆に、ライブ “CD” は、ロックやメタルなどの “生演奏” や “生声” が活きるジャンルが主戦場みたいなイメージがあります。メタルに足を踏み入れたとはいえ「あくまでも “アイドル” である BABYMETAL に、果たしてライブ盤を出すほどの魅力はあるのだろうか?」と・・・

 

ライブ音源は “誤魔化し” が効かない

ところが、実際の音源を一度聴いてしまうと、そういった心配は杞憂に終わります。

BABYMETAL を構成する上で大きな要素を占めているのが “神バンド” と呼ばれるバックバンドの存在です(もちろん彼らはバックバンド以上の存在ですが、便宜上こう表現しておきます)。スタジオ盤の1stは(一部の曲を除き)基本的に神バンドが参加していません。そのため、生演奏の臨場感といった点を重視した場合 “弱い” のです。しかも彼女達の出自は “アイドル” なので、中には「スタジオ盤だから “作り込めば実力を誤魔化せる” んじゃないの?」と、懐疑的な見方をする方も出てくるわけです。

そんな「BABYMETAL に興味の無いメタルファン・ロックファンを “真の意味で” 振り向かせる」ための一手としてリリースされたであろうこのライブCDは、”ライブバンド” としての BABYMETAL の凄さを証明することに成功しています。

アイドルに限らず、ミュージシャンのスタジオ収録盤は音程・声量・安定感を自由に弄ることが可能なわけですが、ぶっつけ本番である “ライブ” においては、それは通用しません。ぶっちゃけ「スタジオ盤が物凄く良いのに、ライブだと演奏やボーカルが不安定」みたいなメタルバンドは結構存在するものです(海外の有名バンドでも意外といます)。

そこに来て、SU-METAL さんの驚異的な安定感を誇るボーカルが耳に飛び込んでくるわけです。もちろん、神バンドの演奏技術はワールドレベル。この音源を聴いて “メタルだと認めない” なんて言える人は、果たして存在するのでしょうか。大体、”その辺のメタルバンドより遥かに上手い” のに。

また、忘れてはならないのが YUIMETAL さんと MOAMETAL さんの存在です。

スタジオ盤では安定している歌声・合いの手ですが、ライブ盤ではフラフラになりながら歌っているのが伝わってきます(ダンスしながらなので仕方ない)。当然 “不安定” なのですが、これが臨場感の演出に一役買っているのです。演出と言ってしまうと語弊があるので、”ライブ感” と言い換えたほうが良いかもしれませんね。

この2人の “SU-METALに必死で食らいついてやる” と言わんばかりの気迫がもう・・・スゴいです。こういうところに人って “ロック” を感じますよね。

 

ベビメタからメタルに入った人が “次に聴く” 作品としてはベストチョイス

本作『LIVE AT BUDOKAN 〜RED NIGHT〜』は、SU-METALさんの “メタルな一面” と、YUIMETALさん・MOAMETALさんの “ロックな一面” をより深く知ることができる、貴重な作品となっています。

スタジオ盤のレビューにも書きましたが、メタルファン以外の方はやはり “スタジオ盤の1st” から入ったほうが良いし、無理にこのライブ盤を手に取る必要は無いでしょう。ただ、BABYMETAL を通じてメタルに興味を持った方々が “次に聴く作品” としてはベストだと思います。

スポンサードリンク