HAGANEYA(@imech_jp)です。

Evernote クライアントを 6.0.6.1769 (301796) Public にアップデートしたことで、新規ノートが “別ウィンドウ” で開くようになりました。

大変便利な機能ですが、誤って新規ノートを閉じてしまい、再び開く方法がわからずに困ってしまったことがあります。

とは言え、編集途中のウィンドウを閉じることなんて意外と頻繁にあるはずです。調べてみたところ「やっぱりあった」ので、その方法をご紹介します。

スポンサードリンク

 

一度閉じてしまった新規ノートを再び “別ウィンドウ” で開く方法

前フリが大げさになってしまいましたが、やり方は超カンタンです。

サマリービューでもカードビューでもリストビューでも何でも良いので、再び開きたいノートを選んで「リスト部分を右クリック」してみてください。

右クリックメニュー内の [ノートを開く(O)] という項目をクリックすれば、ノートが別ウィンドウで開きます。
リストから開きたいノートを選んで [Ctrl] + [Enter] でもOKです。

2(98)

 

従来どおり “同一ウィンドウ” で開く方法

「新規ノートが別ウィンドウで開くのはわずらわしい!」という方もいらっしゃるかもしれません。

そういう場合は、[ツール] → [オプション] → [ノート] → [新しいウィンドウに新規ノートを作成(W)] のチェックを外すことで、同一ウィンドウ内で新規ノートが開くようになります。

3(85)

 

デュアルディスプレイが無い環境であれば、逆にこちらのほうが作業しやすいかもしれません。

4(76)

 

最後に

以前の記事で “新機能” 的な取り上げ方をしてしまいましたが、実はこの “別ウィンドウで開く” 機能、元々ありました。

関連記事

Evernoteクライアントがメジャーバージョンアップ?で使いやすく進化!

単に「私だけが知らなかった」というオチ・・・お恥ずかしい限りです。

 

ただ逆に言えば「Evernote は、機能を全て把握していなくても使える」ということでもあります。

未だ Evernote に苦手意識を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、最初は “メモ帳” 程度の使い方でも全然問題ありません。使っていく内に慣れます。

もし興味があれば、以前に書いた記事も参考にしてみてください。

関連記事

Evernoteで書類を一元管理することによって得られる10のメリット

【Evernote】アカウントの作り方&クライアントのインストール方法

【Evernote】スタックを作ってノートブックとノートを整理する方法

【Evernote】文書作成に使うツールバーの機能をまとめて解説

【Evernote】ライフログを付ける際に私が決めた3つのルール

StackOne にも FastEver にも無い『PostEver』を使う最大のメリット

ブログを「感情のはけ口」にしないために…持ってて良かった『Evernote』

スポンサードリンク