HAGANEYA(@imech_jp)です。

2012年に iPad を導入してからというもの、以前にも増してアプリを買う機会が多くなりました。

極力出費を抑えるため、今すぐに必要なアプリ以外は “セール” 狙いがほとんどです。さらに iOS8 以降は「コンプリート・マイ・バンドル」という選択肢も増えたため、ゲームアプリなどは比較的バンドル経由で購入しています。

スポンサードリンク

 

「コンプリート・マイ・バンドル」とは?

iOS8 から導入された “まとめ買い” のシステムです。

定価で買うと割高になってしまうアプリを “お正月の福袋” や “お徳用商品” などのようにまとめ買いすることで、1個あたりのアプリの価格が若干安くなります。

例えば、私は先日『イースⅡクロニクルズ』を購入したのですが、このアプリを普通に購入した場合「600円」掛かります。もちろん『イースⅡエターナル』の頃の定価を考えれば、この時点であり得ないほどの激安価格です。

ところが、コンプリート・マイ・バンドルを利用すれば「480円」。なんと、ワンコインで買えちゃいました。

2(95)

 

「コンプリート・マイ・バンドル」の注意点

ちなみに「コンプリート・マイ・バンドル」の価格はユーザーによって異なるので、注意が必要です。

例えば私の場合、定価600円の『イースⅠクロニクルズ』を「360円」で購入しました。

そのため、バンドル価格(2本分)の合計である「840円」から 360円分を差し引いた「480円」が、イースⅡクロニクルズの(バンドル経由での)購入価格となっています。

  • 840円(イースⅠ&Ⅱのバンドル価格) - 360円(イースⅠのセール価格) = 480円

 

つまり、イースⅠを通常価格(600円)で購入した人の場合、イースⅡのバンドル経由価格は「240円」となるわけです。

今回は、運良くお得に購入することが出来ましたが「値引き額の差が大きい場合(1,000円→120円などの場合)は、逆に割高になってしまう」可能性があります。

バンドル経由でアプリを購入する際は、必ず「“単品価格” と “バンドル価格” を見比べて、安いほうを購入」するようにしましょう。

スポンサードリンク