HAGANEYA(@imech_jp)です。

タイトルが、彦麻呂さんのグルメレポートみたいになってしまいましたが・・・

METAL RESISTANCE』を一言で表すとすれば “メタル幕の内弁当” です。国内外のエクストリーム・ミュージック・ファンは、好き嫌いはともかく一度は聴いておくべき作品だと言えます。

スポンサードリンク

 

各楽曲についての率直な感想

#1『Road of Resistance』#5『Amore -彗星-』#10『NO RAIN, NO RAINBOW』

『Road of Resistance』では欧米圏のクサメタルファンを、そして『Amore -彗星-』『NO RAIN, NO RAINBOW』では国内のクサメタルファンをカバーしています。

Road of Resistance は、ご存知 DragonForce『Through The Fire And Flames』の公認パロディ。ただ、構成は非常に似ているものの、正直言うと Road of Resistance のほうが高揚感は遥かに上です。何度も何度も訪れる “山場” が、最後の最後まで聴き手を飽きさせません。こんな名曲をド頭に持ってくる潔さがとてもクールです。

『Amore -彗星-』は、下手すると超ダサくなってしまいそうなメロディラインですが、超一流のアレンジが加わることによって、ダサカッコイイ良曲に仕上がっています。神バンドの貢献力は言わずもがなですが、この曲は SU-METALさん以外が歌ってしまうと楽曲の魅力を引き出すことが難しいかもしれません。

 

#2『KARATE』

以前『KARATE』のことを “ニューメタル” と表現しましたが、実は単なるニューメタルではありません。

ミドルテンポの楽曲にも関わらず手数が多く、ちゃっかり Djent 風味のリフまで入れてたりします。ベースの BOH さんも『何気に難しい』とのこと。

関連記事

すっかり本格派!メタルアイドル『BABYMETAL』が新曲『KARATE』のMVを公開

 

#3『あわだまフィーバー』

Pitchshifter を彷彿とさせるイントロから始まる、インダストリアル・メタル・チューン。

A〜Bメロの浮遊サウンドからメロコア風味のサビへと繋がっていくあたりは、THE MAD CAPSULE MARKETS そのもの。同じく上田剛士さんが作曲を担当した『ギミチョコ!!』が好きなら文句無しにハマるであろう1曲です。

 

#4『ヤバッ!』#7『シンコペーション』

ベビメタ以降に出てきたメタル系アイドルユニットに多く見られる、ポストハードコア系の楽曲です。

やり尽くされ過ぎて陳腐になりそうなチョイスですが、SU-METAL さんが唄うことによって、その他大勢との格の違いが浮き彫りとなってしまっています。既に “何をやるか?” から「誰がやるか?」の段階にシフトしていると感じました。

SU-METAL さんのクセがなく伸びやかな歌声は、努力だけでは手に入れられるものではないでしょう。しかも彼女は、現在進行形で努力をし続けています。天才に努力されてしまっては手も足も出ません。

BABYMETAL を超えようと奮闘しているメタル×アイドルの方々は、もはや並大抵の努力では敵わないところまで来ていると自覚したほうが良さそうです。

関連記事

続・雑食メタラーが選ぶ、ロック好きのための音楽性重視アイドル5選

 

#6『META!メタ太郎』

ちょいサイケなイントロ&歌声から始まったかと思えば、急にウォー・メタルへと変貌する『META!メタ太郎』は、従来の BABYMETAL が持つ “遊び心” と、本格サウンドが違和感なく融合する不思議な楽曲です。

個人的には、BABYMETAL の分岐点となるような1曲だと感じました。

 

#7『From Dusk Till Dawn』

余談ですが、EU/US盤ではシンコペーションの代わりに『From Dusk Till Dawn』が収録されています。

悪くはないのですが、どちらかと言うとインスト寄りなので “つなぎ” 的な役割の楽曲に聴こえてしまいます。欧米圏のファンがちょっとだけ可哀想かも。

 

#8『GJ!』#9『Sis.Anger』

YUIMETALさんと MOAMETALさんの2人による『GJ!』はニューメタル系の楽曲。『Sis.Anger』は、グラインドコア風味のスラッシュメタル。Sis.Anger の曲名はおそらく、メタリカの『St. Anger』が元ネタでしょう。

前作でも2人のユニット曲はありましたが、今回はポップ度と引き換えにエクストリーム度が向上しています。ただ、個人的には前作収録曲『おねだり大作戦』『4の歌』のほうが好きかも。

 

#12『THE ONE』

『THE ONE』は以前の記事で書いたとおり “プログレ・メタル” です。

関連記事

今度はプログレメタル?BABYMETALが2ndアルバム収録曲『THE ONE』のMVを公開

この曲は改めて言うまでもなく最高です。ただ、あまりにも忠実に “欧米圏の真面目なプログレメタル” を再現しているので、遊び心が無いと感じていました・・・が、#11『Tales of The Destinies』を聴いたことで、ネガティブな印象は一気に吹き飛んでしまうことに。

 

#11『Tales of The Destinies』

THE ONE が、Dream Theater で言うところの『Metropolis Pt.1』だとすれば、この曲(Tales of The Destinies)はまさに『Metropolis Pt.2』です。

順番的には本家と逆になりますが、Tales of The Destinies には次曲『THE ONE』のフレーズの一部が含まれています。それはまるで『Overture 1928』に Metropolis Pt.1 のイントロが含まれているかのような仕掛け。何とも “粋” なパロディです。

さらに言うと『Tales of The Destinies 』は『THE ONE』以上に変態度が高いです(マスコアの要素が強いかも?)。アイドル的なボーカルを変態メタルに無理やりブチ込んだことにより、今まで聴いたことのない音楽がそこに広がっていました。

THE ONE を聴いて「BABYMETAL結構良いじゃん」と興味を持ったプログレメタル好きが『Tales of The Destinies』によって、ズブズブと底なし沼へとハマっていくであろうことが容易に想像できます。こりゃスゴイ。

 

BABYMETALブームは決して “捏造” なんかじゃない

既に各メディアでも報じられていますが、BABYMETAL の 2ndフルアルバム『METAL RESISTANCE』が、坂本九さんに続く2組目の快挙を成し遂げました。

参考記事

BABYMETALが日本人2組目の米アルバムチャートTOP40入り 坂本九以来53年ぶり|Billboard JAPAN

海外進出に挑戦した日本のアーティストやバンドは過去にたくさん存在しますが、どちらかと言えば “海外の日本オタクに支持されている” ”海外の有名フェスに参加している” といった部分を取り上げている場合が多く、少々過大評価気味なところがありました。

話が若干それますが、メタル枠だと2008年に発売された DIR EN GREY『Uroboros』の114位が記憶に新しいです。

もう少し遡ると、1985年発売の LOUDNESS『Lightning Strikes』の64位などが有名ですが、BABYMETAL は過去の偉大なメタルバンドを大幅に上回る “39位” にランクインしています。

参考リンク

Billboard 200 – Wikipedia

もちろん、部門別のランキングなどではなく “アルバム総合ランキング” です。

メタル音楽は洋邦問わず基本的にニッチな市場なので、セールスが伸びにくいと言われています(メジャーなバンドは例外)。39位といっても、決して微妙な数字ではありません。

 

最後に

BABYMETAL の偉大な功績は、過去の “世界を目指した日本のアーティスト” 達が切り拓いてきた道の上に成り立っています。

THE MAD CAPSULE MARKETSしかり、DIR EN GREYしかり、Perfume・きゃりーぱみゅぱみゅさんしかり・・・それらの過去のアーティスト達から音楽性やコンセプトのヒントを得て、より先鋭化したプロジェクトこそが『BABYMETAL』です。そして今では、SU-METALさん・YUIMETALさん・MOAMETALさん3人の実力も伴ってきています。

私は以前、BABYMETAL についての記事を書いた際に「ニューメタル → メタルコアの次のシーンが “アイドル×メタル” になるなんてことはあり得ない」と書きました。

関連記事

BABYMETALが大ブレイクした理由をメタル側・アイドル側の両方から考察してみる

ですが、本作『METAL RESISTANCE』の異質さを目の当たりにしたことで「もしかすると、今目の前で起きようとしている突然変異は、”サブジャンル” レベルの突然変異では無いのではないか?」という気がしてきました。我々は、世界のロック/メタル史に名を残すかもしれないアーティストの成長を、現在進行形で目に焼き付け続けているのかもしれません。

スポンサードリンク