HAGANEYA(@imech_jp)です。

LGエレクトロニクス(旧:LG電子)が、税込3万円を切る価格の “31.5インチ” 液晶ディスプレイ『32MP58HQ』を発売しました。

31.5型ディスプレイだと他にも iiyama の『X3291HS-B1』や、Philips の『BDM3201FC/11』などがありますが、いずれも3万円を超える価格。Phillips とは微妙な価格差ですが、それでも “2万円台” という字面から受けるインパクトは大きいです。

参考リンク

32MP58HQ-W | IPSパネルモニター | LGエレクトロニクス・ジャパン

スポンサードリンク

 

主な仕様

  • 32インチIPSパネル
  • OnScreen Control
  • Super Resolution+
  • フリッカーセーフ/ブルーライト低減モード
  • 色覚調整モード/ブラックスタビライザー
  • アークラインスタンド/スリークカット

“OnScreen Control” は、使用するソフトウェアごとに “色合い” を即時反映できる機能。”Super Resolution+” は、解像度の低い写真や映像を “鮮明に表示” できる機能とのことです。他にもフリッカーセーフ・ブルーライト低減モード・色覚調整モード・ブラックスタビライザーなど、目の健康を考えた機能が多数搭載されています。

 

最後に

私が現在メインで使っているのが BENQ の『V2220HP』という21.5型ワイドディスプレイなんですが、サブが15型なのでバランスが悪く「21.5型×2枚で揃えたいな」と思っていました。ただ、最近はグレア(光沢)液晶の人気が低いのか、このサイズのディスプレイってノングレア(非光沢)ばっかりなんですよね。

と、そんなことを考えているところに、比較的お手頃価格の31.5型ディスプレイが目に飛び込んできたので、若干心が揺れ動いています。グレア派の私にとっては “ハーフグレア” の仕様が若干気になりますが、大型ディスプレイによる作業スペース向上は捨てがたい・・・

スポンサードリンク