HAGANEYA(@imech_jp)です。

iPad 用のケース・カバーを色々付けていると、最終的には裸に行き着く人も多いかと思います。

特に、初代iPad ~ iPad4 までのモデルを使っている場合は、ただでさえ本体が重いため「ケースを付けること自体、現実的では無い」と言い切ってしまえるほどです。

 

そんな “裸iPad原理主義者” な方々にとって救世主となりそうなのが、この『SpinPadGrip(スピンパッドグリップ)』というタブレットハンドル。

3(32)

タブレットハンドルという字面だけだとピンとこないかもしれませんが、iPhone で言うところの『バンカーリング』です。”落下防止アクセサリー” のことですね。

参考リンク

SpinPadGrip – Worktop Universal support – Smart Design – SpinPadGrip

スポンサードリンク

 

基本的には手首に通して使うのですが・・・

4(30)

 

ハンドル部分が回転” するため、自由な持ち方が可能となっています。

2(36)

 

ホルダー部分が丸くなっていますから、ヒザの上に乗せて使っても安定感があります。

5(23)

 

もちろん “折りたためる” ので、バッグに入れて持ち運ぶことも可能です。

6(23)

 

バッグを持っていない男性は、こうやって “ビジネスバッグ” 風に持ち歩くのも良いですね。

7(21)

 

最後に

シェル型ケース、前面&背面一体型ケース、キーボード付きカバーなど色々試してきましたが、現在はApple純正スマートカバーKicks で落ち着いています。Kicks を4本貼ってるので、見栄えは悪いです。。。

8(20)

これはこれで軽いし安定感があって良いのですが、Kicks は既に販売終了してるので、新しいのに貼り替えることができないんですよね。

バンカーリングもそうですが、最近 “リングタイプの落下防止アクセサリー” がすごく気になっています。↑の写真を見ておわかりのとおり、この際見栄えはどうでも良くなってきつつあるので、いっそのこと手持ちの端末全てにリングホルダーを取り付けてしまおうかどうか悩み中です。

スポンサードリンク