HAGANEYA(@imech_jp)です。

ボウイが亡くなってから二ヶ月弱。彼の死を悲しむ声は、まだまだ止みそうにありません。

様々なアーティストが追悼カバーを YouTube 上に投稿していますが、今度は韓国の弦楽器『伽耶琴』によって、名曲『Space Oddity』をカバーする女性が現れました。

伽耶琴(カヤグム、かやきん)という楽器は今回初めて知ったんですが、アジア発祥の楽器ということで、どこか “懐かしさ” を感じる音色です。

スポンサードリンク

 

このカバーソングを投稿した Luna Gayageum という方は、David Bowie の他にも『Stevie Wonder』『B. B. King』『Red Hot Chili Peppers』『Adele』など、新旧さまざまなアーティストの伽耶琴カバーを多数投稿しています。

AC/DC 『Back in Black』の伽耶琴アレンジ。こりゃカッコイイ。おそらく、ギターやベースも余裕で弾きこなせちゃう人なんだろうなぁ。

 

“西洋音楽” を “東洋の楽器” で演奏すると、懐かしさとモダンが融合した独特のグルーヴが生まれるので面白いですね。

この手の “東西折衷” なカバーを聴いて、中には「安直な発想だ」と感じる方々もいるのかもしれませんが・・・こういうのもたまには良いものですよ。

スポンサードリンク