HAGANEYA(@imech_jp)です。

昔ながらの PC ユーザーの中には、Windows などの “GUI” よりも、文字入力だけで操作する ”コマンドプロンプト(CUI)” を好む方々も結構いらっしゃいます。

Windows3.1 から入った “GUI世代” の私は、いまだにコマンドプロンプトの操作方法があやふやだったりするわけですが・・・MS-DOS の画面からは Microsoft の “ダサ格好良い” 魅力が感じられるので、デザイン自体は意外と好きです。

そんな中、好奇心旺盛な人が「MS-DOS のデザインで “App Store” を再現したらどんな感じだろうか?」という自らの疑問を解消するため、なんと “本当に使える” MS-DOS 風 App Store を作ってしまいました。

なお、本物の MS-DOS と違い「マウス・タッチパネルで操作可能」です。

参考リンク

Retro version App Store
↑iPhone/iPad版

Retro version Mac App Store
↑Mac版

Retro version Google Play market
↑実は “Android” バージョンも存在します。

スポンサードリンク

 

左サイドに「カテゴリ」、右サイドにアプリが一覧表示されます。

アプリの詳細情報・検索ボックス・有料/無料の切り替え…などなど、最低限の機能はきちんと搭載されているようです。

2(25)

 

こちらが、アプリの説明文。アイコン・紹介画像を “モノクロ” 表示にしているのが、これまたレトロです。

5(14)

 

ちなみに、少々雰囲気は落ちますが日本語表示も可能です( [Language] → [日本語] を選択)。説明文は、日本語アプリ or 日本語にローカライズ済みのアプリのみ “日本語表記” に変わります。

3(21)

 

ちなみに、記事冒頭で個別にリンクを張りましたが、実は「サイト内からも切り替えが可能」です( [Store type] から『Google Play』や『Mac App Store』を選択)。

4(19)

 

最後に

MS-DOS 自体は、インターネットの登場と入れ替わる形で消えてしまった “過去の遺産” ですが、この『App Store Retro』は「”ダウンロード販売” が当たり前のように存在する現代に DOS が蘇ったらこうなるのではないか?」という妄想を見事に実現しています。

わざわざ MS-DOS風のサイトを経由して App Store に飛ぶ必要があるのかどうかはさておき、発想としてはすごく面白いと思いました。これ「App Store がよくフリーズする」ことに対しての “皮肉” だったりして・・・

スポンサードリンク