HAGANEYA(@imech_jp)です。

旧ナムコ時代のキャラクター・音楽等を二次創作で利用可能になる “カタログIPオープン化プロジェクト” が始動して以降、クリエイターによって様々なゲームが登場しています。

そんな中、2016年4月上旬リリース予定の Android 用ゲームアプリ『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』の開発資金を集めるべく、クラウドファンディングサイト『Makuake』にてプロジェクトが立ち上がりました。

参考リンク

パックマンの世界が目前に!MilboxTouch ver. VR PAC-MAN | クラウドファンディング – Makuake(マクアケ)

 

一応1000円から支援可能となっていますが、VRゴーグル『MilboxTouch』が付属するのは 2000円コース(2016年2月18日17時時点)からなので、万全の状態でゲームを楽しみたい場合はそちらを選んだほうが良いと思います。

コース一覧

  • 2,000円コース(税込) アプリ本体(1名様分)+Makuake限定デザインMilboxTouch×1個
  • 2,200円コース(税込) アプリ本体(1名様分)+Makuake限定デザインMilboxTouch×1個 ※追加リターン
  • 3,800円コース(税込) アプリ本体(1名様分)+Makuake限定デザインMilboxTouch×2個
  • 6,000円コース(税込) アプリ本体(1名様分)+Makuake限定デザインMilboxTouch×1個+【Android限定】お披露目会ご招待
  • 9,000円コース(税込) アプリ本体(1名様分)+Makuake限定デザインMilboxTouch×5個
  • 18,000円コース(税込) アプリ本体(1名様分)+Makuake限定デザインMilboxTouch×10個

※詳しくは 公式サイト をご確認ください。

スポンサードリンク

 

ゲーム自体は、普通のパックマンを3D化したもののようですが、ダンボール製のVRゴーグル『MilboxTouch』に Android スマホを装着することによって、目の前にパックマンの世界が広がります。まさに『バーチャルボーイ』のカラー版ですね。

3(17)

 

また、側面のホイールを時計回り/反時計回りに “なぞる” ことにより、パックマンの前進/後退が可能です。また “VR” なので、方向転換は “体の動き” に合わせて行われます。

2(21)

 

バーチャルボーイが発売されたのが1995年ですから、あれから20年以上も経ってるんですね。

とは言え、たった20年でこんな身近なところまで VR が浸透するとは思いませんでした。10~20年後の VR は、もはや違和感の無いレベルで生活に溶け込んでいるのかもしれません。

スポンサードリンク