HAGANEYA(@imech_jp)です。

映画・テレビ・ビデオゲーム・音楽・コミックなど幅広い情報を扱う、イギリスのサイト『What Culture』が「あなたのプレイリストに追加すべき、日本のミュージシャンBEST10」を発表しました。

なお、記事の冒頭でも触れられていますが『きゃりーぱみゅぱみゅ』『BABYMETAL』などの、既に圧倒的な知名度があるアーティストは除外されています。

参考記事

10 Japanese Musicians To Add To Your Playlist|WhatCulture.com

スポンサードリンク

 

10位 レキシ『SHIKIBU feat. 阿波の踊り子(チャットモンチー)』

 

9位 ORANGE RANGE『SUSHI食べたい feat. ソイソース』

 

8位 和楽器バンド『千本桜』

 

7位 椎名林檎『いろはにほへと』

 

6位 東京事変『キラーチューン』

 

5位 Hifana『Fatbros』

 

4位 吉田兄弟『Rising』

 

3位 Perfume『チョコレイト・ディスコ』

 

2位 ONE OK ROCK『The Way Back』

 

1位 浜田ばみゅばみゅ『なんでやねんねん』

 

最後に

『和楽器バンド』『Perfume』『ONE OK ROCK』などの、既に海外でも比較的認知度の高いアーティストやバンドもランクインしている一方で、『レキシ』『ORANGE RANGE』『椎名林檎(東京事変)』『吉田兄弟』などの J-POP 界隈で有名なアーティストもバランス良くチョイスされています。

“着物を着た女性” や “サムライ” が出てくる MV が多いあたり、いかにも海外のランキングといった感じです。

「海外で人気が高い日本のアーティスト=国内と海外で大幅に異なる」というイメージがあったんですが、日本好きの外国人が増えてきたのも影響してか、ランキングに違和感が無くなってきているような気も。海外の J-POP ファンの感性が、日本人と近くなってきているのでしょうか?

そういえば・・・DOWNTOWN(ダウンタウン)名義になってますが、1位に『浜田ばみゅばみゅ』が取り上げられているのはお笑い好きとしては素直に嬉しいです。動画タイトルに英語表記が使われていないせいか、英語コメントの増え方が緩やかですが、口コミで広まっていきそうな気がします。

ちなみに個人的には、椎名林檎さんの『いろはにほへと』と、吉田兄弟の『Rising』のコード進行が大好きですね。『いろはにほへと』の、後半にかけて “気だるいロックサウンド” へと緩やかに変化していくあたりが最高です。

スポンサードリンク