HAGANEYA(@imech_jp)です。

以前に比べ、iPhone で撮ったスクリーンショット・写真をブログの記事に利用する機会が多くなりました。

それに伴い、JTrim・GIMP・Photoshop・Skitch などの写真/画像加工ソフトの使用頻度も高くなっています。特に JTrim は、”ブログ書く時は常時起動しておく” ぐらいのレベルです。

スポンサードリンク

 

そんな “相棒” とも呼べる JTrim なんですが、以前から「iPhone で撮ったスクリーンショットの “黒地の部分” が透明になってしまう」不具合に悩まされていました。

赤枠で囲った部分を見ていただくとわかるかと思いますが、JTrim で開くとなぜか “透過処理” されているのです。

2(3)

 

この仕様が、本当にストレスでした。

仕方がないから、iPhone からパソコンに移動 → GIMPで [画像の統合] をして保存 → JTrim で最終調整・・・という手順を踏んで、写真を1枚1枚処理していたわけです。

3(2)

この一連の流れがあまりにも面倒だったため、いつしか「どのみち GIMP を通さなければいけないんだったら、いっそのこと全部 GIMP でやっちゃおうかな」と思うようになっていました。

 

JTrim で読み込んだ写真の “透過処理” を切る方法

[イメージ] → [透過状態を表示(B)] のチェックをオフにしてみましょう。

4(3)

 

すると、写真の一部に掛かっていた透過処理が消えます。

5(2)

 

これで一件落着か・・・と思ったのですが、保存した写真を開いてみると “透過処理が掛かったまま” です。さっきの設定変更は一体なんだったんだ。

6(3)

どうやら、[透過状態を表示(B)] 以外にも設定しなければいけない項目があるようです。

その項目が何かと言いますと、[透過状態を表示(B)] のすぐ上にある [透過色設定(G)] 。ここが ON になっていると「JTrim 上で正常に表示されている写真が、保存後に透過処理されてしまう」ようです。

 

というわけで、[透過色設定(G)] も OFF にしちゃいましょう。

7(3)

 

なお、設定を変更後 [ファイル] → [アプリケーションの終了] から一旦終了して再起動すると、”基本的には” 変更後の設定が反映されます。基本的には。

ところが・・・なぜか [透過色設定(G)] に関しては、終了~再起動しても設定が反映されません。そのため、起動時に毎回 [透過色設定(G)] を OFF にする必要があります。

 

最後に

「写真が透過状態で読み込まれてしまう」不具合ですが、”iPhone で撮影した写真” 以外では、まず起こりません。

パソコンでキャプチャした写真/画像だと一切発生しないので、iPhone を導入するまでは気付きませんでした。なんとも面倒な仕様だ。。。

スポンサードリンク