HAGANEYA(@imech_jp)です。

2016年1月27日にリリースされる GLAY のニューシングル『G4・Ⅳ』。シングル扱いですが “収録される4曲すべてが完全新作” とのことで、実質 EP(ミニアルバム)に近い作品のようです。

新曲リリースに先駆けて、収録曲4曲すべての MV が『GYAO』にて期間限定で公開されています(配信終了日は未定)。

関連リンク

GLAY 「彼女はゾンビ」|無料動画 GYAO!

GLAY 「Scoop」|無料動画 GYAO!

GLAY 「Supernova Express 2016」|無料動画 GYAO!

GLAY 「空が青空であるために」|無料動画 GYAO!

 

新作『G4・Ⅳ』では、GLAY のメンバー4人が各楽曲を1人ずつ担当しています。

#1『彼女はゾンビ』が HISASHI さん、#2『Scoop』が JIRO さん、#3『Supernova Express 2016』が TAKURO さん、#4『空が青空であるために』が TERU さんによる作曲です。

スポンサードリンク

 

とりわけ目を引くのが、MV にアニメを採用した『彼女はゾンビ』。

『BLACK CAT』『Devil May Cry(アニメ版)』『バスカッシュ!』『迷い猫オーバーラン!』『ベン・トー』『てーきゅう』など多数の作品に監督として関わってきた、板垣伸さんによる監修とのこと。

楽曲自体がアニソンっぽく、TERU さんの歌い方も他の楽曲とは若干異なっているような気がしました。GLAY への “ステレオタイプ” なイメージを想像して聴くと「本当に GLAY の曲?」と思ってしまいますが、良い意味で新鮮です。

 

最後に

「YouTube でショートバージョンを流す」みたいなプロモーション方法が主流の現在において、あえて「GYAO で “フルバージョンを期間限定公開”」という方法を選択するアーティストは割と珍しい気がします。

“4曲すべてが対等な扱い” とのことで、ふと L’Arc~en~Ciel や DIR EN GREY の “3曲同時リリース” を思い出しました。そういえば GLAY も過去に、2曲同時リリースやってましたね。懐かしい・・・

スポンサードリンク