HAGANEYA(@imech_jp)です。

1987~1996年まで活動していたイギリスのシューゲイザー・バンド『Pale Saints』のトリビュート・アルバムが、Bandcamp にて無料ダウンロード可能となっています。

試聴はこちらから↓

スポンサードリンク

 

目次

 

『Bandcamp』で曲をダウンロードする方法

Bandcamp は、会員登録不要で楽曲をダウンロード(および、ダウンロード購入)できます。

というわけで、直接 “アーティスト” のページへアクセスしましょう。

VA – The Language of Flowers, A Tribute to Pale Saints | The Blog That Celebrates Itself Records

 

試聴用プレイヤーの下にある “Buy Now” をクリック。

2(46)

 

すると、”決済画面” のポップアップが現れますが・・・

3(42)

 

Name Your Price の欄に「 0 」を入力すると、”Check out now” “Add to cart” の2つのボタンが表示されていた箇所が “Download Now” ボタンに切り替わります。そのまま Download Now ボタンを押してください。

4(41)

 

あとは “Download” ボタンをクリックするだけで曲がダウンロードされます。

5(33)

 

ちなみに、format と書かれた部分の右側をクリックすると、プルダウンメニューからフォーマットを選択可能です。MP3 の他、”FLAC” “AAC” “Ogg” “ALAC” “WAV” “AIFF” などに対応しています。iTunes に入れたい場合は “AAC” か “MP3” あたりにしておけばOKです。

6(28)

 

最後に

Pale Saints 自体は “80年代デビュー組” ということもあってか、ステレオタイプな “シューゲイザー” のイメージで聴くと、中には「これってシューゲイザー?」と思うような “ポップス” 寄りの楽曲も作っていたりします。

Kinky Love” なんかが良い例ですね(13曲目に入ってます)。『ねるとん紅鯨団』みたいな恋愛バラエティ番組のバックミュージックでかかっていそうな雰囲気というか。。。

ですが他にも、The Stone Roses を思わせる “マッドチェスター” 色が強めの曲や、The Jesus and Mary Chain のような “初期シューゲイザー” っぽい曲調のものまでバラエティに富んだ作風を持つバンドです。

VA – The Language of Flowers, A Tribute to Pale Saints』は “原曲の雰囲気を壊さず” に、なおかつ “現代的なギターアレンジ” 等が加えられた「トリビュート・アルバムのお手本」と言って良いような素晴らしい内容となっています。

どの曲も聴き応えがありますので、ぜひ試聴するのみならず実際にダウンロードして聴いてみてください。

スポンサードリンク