HAGANEYA(@imech_jp)です。

“魅せ筋” アピールは、嫌われるそうです。

参考記事

オトコの“魅せ筋”アピールがキモいワケ|@DIME アットダイム

 

「ナルシスト=嫌われる」は、大昔から散々言われています。

それでも、どうしても “見せたくなっちゃう” 人っているんですね。「逆に周りからの評価が下がる」んだから、そんなことやめたら良いのに。。。

スポンサードリンク

 

”期間限定の筋トレ” ほどダサいものはない

運動を始めるキッカケの一つとしての “アピール目的” は個人的にはアリだと思いますし、そういうモチベーションが割合的に少しぐらい入っていても別に構わないでしょう。

ただ、いつまでも「異性へのアピール目的」「同性同士で虚勢を張り合う」ことが目的であってはいけません。モチベーションの拠り所をいつまでも “他者からの賞賛” に依存していると、揺るぎない習慣を形成することは絶対に不可能です。

参考記事

「 “承認欲求” を行動の動機にする」事の危険性を甘くみてはいけない

 

ちなみに「夏までに細マッチョになろう!」みたいな動機で筋トレを始める人もいますが、期間限定での筋トレはオススメしません。”動機が不純” だというのは置いといたとしても「そもそも “非効率” 」です。

「夏が終わったら筋トレをやめて、また来年の夏に始める」んですか?「春・秋・冬は身体を見せないから、筋トレする意味がない」のでしょうか? それって、超ダサくないですか?

こういう動機で何かを始める人は、(筋トレに限らず)メディアに踊らされています。フィットネス器具を買わせるための策略にハマっているだけ。つまり “カモ” です。

“ワンダーコアを買ったから” マッチョになれるわけではありません。”アブトロニックX2を買ったから” マッチョになれるわけではありません。「自分の意志で継続的に身体を鍛える」から、マッチョになるのです。

やるからには「一生続ける」という覚悟をもって始めることをオススメします。

 

相手が “思わず見習いたくなる” 行動をするためには

「 “運動習慣を付ける” のが目的だと尊敬される」理由は、動機が “内省的” だからです。

“運動習慣を付ける” ことによって鍛えられるのは、身体だけではありません。実際は “内面を磨く” ことにもつながっているため「見習いたい!」という感情が相手にも生まれます。

もっと言うと “アイツを見習わせるには” なんて考えていたらダメです。内面を磨くときに “他人の目” なんて関係ないでしょう。

ちなみに、”内面磨き” を連呼したらしたで今度は「意識高い系キモイ」となってしまう危険性もあります。もし、思い当たるフシがあったら要注意です。

 

最後に

もっとも、この手のタイプにあんまり厳しく言うと、中には「鍛える動機が消える → ふてくされて辞めてしまう」人が出てくる可能性もあるので、”魅せ筋” 云々もあまり言わないでやってほしいところです。

あと、ここまで書いておいてアレですが「 “貧弱な身体” よりも “引き締まった身体” のほうが良いに決まってる」わけですから、別に動機が不純でも構わないとは思います。

思いますが・・・どうせ始めた “健康習慣” なんですから、ぜひ “夏までに” なんて期限を設けず、一生続けちゃいましょう。

スポンサードリンク