HAGANEYA(@imech_jp)です。

ポモドーロ・テクニックとは「短期集中 → 休憩 → 短期集中…を繰り返すことで、面倒な作業を達成する」仕事術のことです。

よく「面倒な作業は、”細かく切り分けていく”ことによって敷居が下がる」と言われていますが、それの「時間」バージョンと言っても良いと思います。

スポンサードリンク

 

目次

 

ポモドーロ・テクニックの始め方

やることはとってもシンプルです。

  1. キッチンタイマーを用意する
  2. キッチンタイマーを「25分」に設定して、作業を始める
  3. 時間になったら作業をやめ、キッチンタイマーを「5分」に設定して休憩する
  4. 5分経ったら、再びキッチンタイマーを「25分」に設定して、作業を再開する・・・を繰り返す

 

キッチンタイマーは、100円ショップで売っているようなものでも構いません。ですが、可能であれば「テンキー(数字ボタン)」タイプのものを導入することをオススメします。

理由は「ボタンを押す回数を節約したい」からです。

 

論より証拠。私が以前、100円ショップで購入したキッチンタイマーをご覧ください。

IMG_0455

このタイプのキッチンタイマーだと、25分を打ち込むのに「最低25回」ボタンを連打する必要が出てきます。

最初は何とも思わずに使っていましたが、気がついたら使わなくなっていました。馬鹿みたいな理由だと思われるかもしれませんが「ボタン数が少ない」ことが理由で溜まっていくストレスは意外と侮れません。

 

私が使っているキッチンタイマー

ちなみに私は、こちらの記事で紹介されていたキッチンタイマーを導入しました。

私の小さな”こだわり” ~タイマー編~ | jMatsuzaki

 

導入の決め手は、もちろん「テンキー」の存在です。

2(20)

また、記事内でも書かれている通り「音・光(LED)・振動(バイブレーション)の3種類から切り替えることができる」「マグネット・スタンドが付いている」などの仕様によって、色々なシチュエーションに対応できるというのも良いですね。

キッチンタイマーの相場価格があるのかどうかわかりませんが「1000~2000円程度で導入できる道具によって、悪習慣を矯正できる」と考えると、ものすごいコストパフォーマンスではないかと思います。

 

 

ポモドーロ・テクニックで仕事をするメリット

以前「シングルタスク」と「マルチタスク」の違いについて触れましたが、ポモドーロ・テクニックは「シングルタスク」の作業の質を大幅に高めてくれる仕事術だと思います。

「シングルタスク」と「マルチタスク」の違い

 

試しに、キッチンタイマーを「25分」に設定して、何か作業を始めてみてください。すると、急に「時間に追われる」感覚が襲ってくるはずです。「残り時間をチラチラ確認しながら、目の前の作業に没頭せざるを得なくなる」ため、ネットサーフィン・YouTubeなどの「寄り道」が一切出来なくなります。

ウソのような本当の話です。たかがキッチンタイマーごときで・・・と思いがちですが、実際にやってみればわかります。

 

案外このように「わざと時間に余裕を無くす」というのも、短時間で記事を書き上げる(日刊更新を続けやすくする)には良いのかもしれません。

情報発信!と意気込まず「ログを残す」を意識すればブログは勝手に続く

先日の記事の最後で↑のように締めくくりましたが、時間に余裕が無い時は誰でも焦(あせ)るはずです。この「焦り」状態を「意図的に何度も何度も」作り出すことができれば、恐ろしいほどの効率アップが期待できるかと思います。

 

最後に

ポモドーロ・テクニックは、本当に時間が無い時には不要だと思います(個人的には)。なぜなら、使わなくても「勝手に追い込まれている」からです。

ですが、そもそも「本当に時間が無い」状態が生まれてしまうこと自体に問題があるわけで。。。それを未然に防ぐために、ポモドーロ・テクニックを使って「”焦り”を先払い」しておくと、時間&心にどんどん余裕が出てくるのを実感できます。

スポンサードリンク