HAGANEYA(@imech_jp)です。

Windows Live Writerでは、投稿時に「タイトル」「説明」「キーワード」の設定をすることが出来ません。WordPress管理画面に入って、個別記事からAll In One SEO Packなどを使って設定し直す必要があります。

そんなWindows Live Writerですが「WordPressPlugIn.dll」というプラグインを導入することによって、タイトル・説明・キーワードの設定をした状態で、投稿および予約投稿をすることが可能です。

私の環境では「C:\Program Files (x86)\Windows Live\Writer\Plugins」がプラグイン格納場所になります。

というわけでさっそく、こちらの記事を参考に導入を試みようとしました。 ところが・・・

Windows Live Writerで「All In One SEO Pack」を使う方法。予約投稿でも使えるぞ!! | Q-miz blog(きゆみずぶろぐ)

スポンサードリンク

 

WordPressPlugin.dllがダウンロードできない!

2015年9月30日現在、上記のブログで紹介されている「this plugin」経由だとダウンロードが出来ません。Microsoftアカウントを持っていようがいまいがダウンロード出来ません。なぜなら「ファイルが消えている」から。

仕方がないので、ミラーサイトが無いか探してみた所「こちらのサイト」からダウンロードが可能でした。ただし「中国のサイト」なので、内容については保証しかねます。自己責任でどうぞ。

7(5)

 

動作確認

先に「meta.php」を書き換えてしまいましょう。FFFTPなどのソフトで「wp-includes」内の「meta.php」をデスクトップ等にダウンロードしてください。

13(4)

 

@oyuki_sunさんの記事だと「894行目付近」となっていますが、私の環境では「1639行目」に該当のソースコードがありました。

14(3)

変更前 $protected = ( ‘_’ == $meta_key[0] );

変更後 $protected = (( ‘_’ == $meta_key[0] ) && ( strpos($meta_key, “_aioseop”) !== 0));

変更する箇所は、この1行だけでOKでした。

 

WordPressPlugin.dll を「Plugin」フォルダに入れて、正常に動作するか確認します。

オプション内の「現在インストール済みのプラグイン」に「Change Blog Title」「Comment Management」「Custom Field」が表示されていますので、認識はしています。この中の「Custom Field」が、タイトル・説明・キーワードを挿入できるプラグインです。

6(6)

 

実際に記事を投稿してみました。初回のみ「新しいプラグインが検出されました」と出ますので「はい」をクリックします。

9(4)

 

WordPress管理画面のパスワードを求められますので入力してください。

10(6)

 

Add custom fields」というポップアップが表示されます。

11(5)

 

Key」欄と「Value」欄に必要事項を入力して「OK」をクリックします。「Key」欄の入力は、二回目以降は不要です。

12(3)

_aioseop_title
_aioseop_description
_aioseop_keywords

 

きちんと反映されるかどうか不安でしたが、どうやら大丈夫そうです。

16

 

最後に

結論を言うと、ミラーサイトからダウンロードした「WordpressPlugin.dll」は、普通に使えました。

この件に関する記事が「2年ぐらい前の記事ばっかり」だったことに加え、公式サイトからファイルが無くなっていたことも相まって「もしかして、仕様が変わって使えなくなったのかな?」と心配しましたが、全く問題ありません。今でも使えます。

@oyuki_sunさんの情報が無ければ、Windows Live Writerをここまでカスタマイズ出来ませんでした。感謝です!

スポンサードリンク