HAGANEYA(@imech_jp)です。

先日、Windows Live WriterというWindows用の無料ブログエディタの魅力について書きました。

Windows Live Writer導入でブログの更新が苦にならなくなった話

上記の記事では「WordPress」を前提に話を進めていましたが、Windows Live Writerは国内・海外問わず、様々な「無料&有料のレンタルブログサービス」に対応しています。

  • Amebaブログ (アメブロ)
  • Atom Publishing Protocol
  • Blogger
  • Community Server
  • DTIブログ ※サービス終了
  • FC2ブログ
  • JUGEMブログ
  • livedoorブログ
  • LiveJournal
  • Movable Type
  • PBlogs.gr
  • Seesaaブログ
  • SiteMix
  • So-netブログ
  • teacup.ブログ
  • TypePad
  • WordPress.com
  • ココログ
  • さくらブログ
  • ドリコムブログ ※サービス終了
  • 忍者ブログ
  • はてなダイアリー
  • はてなブログ
  • ヤプログ
  • 楽天ブログ

レンタルブログ毎に個別の設定が必要な場合が多いようですが、初期設定の労力を掛けてでも使う価値のあるブログエディタです。

今回は、とりあえず「WordPress」での初期設定を踏まえて、インストール~使用開始までの流れを説明します。

スポンサードリンク

 

目次

 

Windows Live Writerのインストール方法

以下(Microsoftのサイト)から「今すぐダウンロード」をクリックして、ファイルをダウンロードします。

Windows Essentials

5(5)

 

セットアップファイル(wlsetup-web.exe)を起動すると「インストールするプログラムの選択」画面が表示されます。上の「Windows Essentialsをすべてインストール(推奨)」を選択してしまうと、Windows Live Writer以外のソフトもインストールされてしまうので、下の「インストールする製品の選択」を選んでください。

6(5)

 

Writer」と表示されたソフトが、Windows Live Writerになります。Writer以外のソフトのチェックを外して「インストール」ボタンを押します。インストールが正常に完了したら「閉じる」をクリックしてOKです。

7(4)

 

Windows Live Writer」のアイコンをクリックして、起動してみましょう。

8(4)

 

手持ちのWordPressブログをWindows Live Writerに登録する

左上の書類アイコンから「オプション」を選択。

9(3)

 

アカウント」メニューから「追加」を選択。

10(5)

 

どのブログサービスを利用しますか?」と聞かれます。WordPressブログを登録する場合は「WordPress」を選択してください。レンタルブログサービスを登録したい場合は、一番下の「他のサービス」になります。

11(4)

ちなみに、一番上の「新しいブログを作成する」を選択すると「WordPress.com」というレンタルブログサービスの登録画面に移動します。紛らわしいですが、WordPress.comとWordPressは「全くの別物」ですのでご注意ください。

 

ブログの「URL」「ユーザー名」「パスワード」を入力して「次へ」を選択します。ユーザー名・パスワードは「WordPressの管理画面にログインする際に聞かれるアレ」と同じです。

12(2)

 

ブログアカウントの設定には少々時間が掛かります。途中で「ブログテーマをダウンロードしますか?」と聞かれますので「はい」を選択してください。

13(3)

 

手持ちのWordPressブログの登録が完了しました。「完了」をクリックして終了してください。

14(2)

 

 

最後に

特にこだわりが無ければ、これで初期設定は終了です。すぐに記事を書いて投稿することができます。

ちなみに「もう一手間」加えることで、さらに快適に記事を編集することが出来るようになりますが、長くなってしまいましたので今回は一旦締めたいと思います。

 

おまけ:ダウンロードする際の注意点

Windows Live Writer」と検索すると、以下のページが検索結果の1ページ目に表示されます。

2(5)

 

こちらからダウンロードしたファイルを開こうとすると、以下のエラーメッセージが表示されインストール出来ません。

2(6)

 

一応、私の環境(Windows7 64ビット版)もサポートされているみたいなんですが、なぜか弾かれます。理由はよくわかりませんが、とりあえず「バージョンが古い」のと「製品名が違う」ことが判明しました。インストールに成功したのは「Windows Essential」のほうです。製品名 に「Windows Live」と書かれたファイルはインストール出来ませんでした。

3(5)

 

ファイル名はどちらも一緒ですが、新バージョンは「アイコン」のデザインが変わっています。「PCモニターに矢印」アイコンのほうが「Windows Essential(最新バージョン)」になりますので、こちらのほうをインストールしましょう。

4(6)

ちなみに、Windows Essentialとは「Microsoft社が提供しているフリーソフトウェア集」のことです。Microsoft Officeの中にWord・Excel・PowerPoint・Outlookなどが入っているのと似たような感じで、それの「無料版」だと考えればわかりやすいでしょうか。

Windows Essentialsでインストール出来るソフトウェア一覧

  • Windows Live フォト ギャラリー
  • Windows Live ムービーメーカー
  • Windows Live Messenger
  • Windows Live メール
  • Windows Live ファミリー セーフティ
  • Windows Live Writer
  • Outlook Connector Pack
  • Microsoft SkyDrive
  • Bingバー
  • Microsoft Silverlight

スポンサードリンク