どうも、ハガネ屋(@imech_jp)です。

この「YouTube○選シリーズ」。ノリで始めたつもりでしたが、
地味に支持層がいるのと、書いてて意外と面白いのでシリーズ化してます。

今回は、2013年7月~8月に書いた記事の総集編です。

スポンサードリンク

 

「YouTube○選シリーズ」のまとめ(2013年7月〜8月版)

 

気分が落ち込んだ時に見たい!YouTube動画5選【邦楽編】

af0419

筆者が純粋に「今もっとも聴いている」アーティストを挙げただけです。

00年代メジャーシーンの反動で、10年代の音楽が面白くなれば良いなーと
そんな望みもこめて、本格派かつ個性的なJ-POPばかりを選んでみました。

この記事が「YouTube○選シリーズ」の中で、一番読まれているみたい。

 

楽曲で勝負!容姿に依存しない「V系」バンド10選【00年代編】

af0417

言い訳済みですが、90年代デビュー組が結構入ってます(笑)
この方々に関しては「後から魅力が見えてきた」パターンということで。

00年代の特徴は、ミクスチャー・ニューメタルを起点として
後に、メタルコアの要素を持ったバンドが続々と出てきたこと。

テクニック的な部分はともかくとして、DIR EN GREYが
先鋭的なセンスによって同路線のバンドを牽引した、最大の功労者。

当の本人達が「そんなこと興味ねえわ」と言わんばかりに
現在もなお独自の道を歩んでいますが、彼らの影響力はやはり無視できない。

 

HR/HM寄り?容姿に依存しない「V系」バンド10選【90年代編】

af0418

90年代は、ジャパメタ由来のV系バンドも多い一方で
ニューウェーヴ・ポストパンクの影響下にあるバンドが多かった印象。

・X(X JAPAN)の影響下にあるバンド→ジャパメタ
・BUCK-TICKの影響下にあるバンド→ニューウェーヴ・ポストパンク

 

容姿に依存しない縛りなので、マリスミゼル・SHAZNA等は除外してますが
実際のところは、これらのバンドも高い音楽性を兼ね備えていたと思います。

SHAZNAは、活動停止してしまったので何とも言えないですけど
マリスはMoi dix MoisとGACKTに分裂してアップグレード版を演ってる印象。

 

雑食メタラーが選ぶ、ロック好きのための「音楽性重視」アイドル5選

af0416

「BABYMETAL」「モー娘。」びいきな記事内容かもしれませんが、
基本的に肯定的スタンスです。

BABYMETAL、BiSなどに至っては「新ジャンル」だと思っています。

 

まあ、毛嫌いするメタラー・音楽好きの気持ちも分かりますけどね(笑)

でも保守派のリスナーって、他ジャンルの否定は日常茶飯事なので
ぜひとも「気にせずに続けていってほしいなー」と思うところではあります。

むしろ、中途半端に辞めてしまわないかどうかのほうが心配。
こうなると「ほらみろ、やっぱりビジネス目的じゃん」になってしまうので。

 

超絶技巧!レトロゲー好きが選ぶ、ザコシのファミコンふきかえ10選

af0415

ハンマーカンマーでおなじみ「ハリウッドザコシショウ」。

あらびき団以降、地上波で中々姿を見かけないなーと思っていたら
YouTube上で思いっきり、オリジナル動画を作りまくっていたというオチ。

その行動力にも敬意を表するべきであるが、彼がスゴイのは
誰もやろうとしなかった「ファミコンふきかえ」なんつー芸を確立したこと。

 

緊急企画!!ザコシショウのファミコンのものまねは本当に似てるのか??

 

緊急企画!!ザコシショウのファミコンのものまねは本当に似てるのか??2

 

メインの旋律はテキトーなのに、効果音の再現度が異常に高いという
メリハリの効いた独自の手法が、レトロゲーマーの心をとらえて離さない。

個人的ベストは「ドラゴンバスターのダンジョン侵入時の音」。
重ね録りは承知の上だが「SEを人間の声で再現」という発想がすごい(笑)

スポンサードリンク