どうも、ハガネ屋(@imech_jp)です。

筆者が「ハガネ屋」というハンドルネームでネット上に出現して丸2年。
活動分野を変えつつも、一貫してこの名前を名乗り続けるのには理由があります。

ちなみに、ハンドルネームというのは言うまでもなく
インターネット上における「通り名」「あだ名」のことです。

スポンサードリンク

 

筆者が「ハガネ屋」を捨てずに名乗り続ける理由

af0414

 

「第2の名前」だという意識・責任を持つため。

このハンドルネーム、テキトーに思われるかもしれませんが
意外と、悩みに悩み抜いて付けたものだったりします。

後に、若干かぶるハンドルネーム・地方企業などを次々発見してしまい
悔しいような気がしたりしなかったりするんですが、まあ許容範囲内でしょう。

 

第2の名前として、永続的に使用していくために気を付けたポイントは
まんま「長く使えそう」で、かつ「人生の半分を費やした趣味」にまつわること。

ヘヴィメタルが大好きだから、ハガネ屋。

あと、こじ付けに思われそうですが「ガジェット物(=金属)」が好きなので
その辺り、ダブルミーニング的な要素も入っていたりするのです。

場当たり的なトレンドネームは、後々絶対に自分の首をしめるから
いずれにしても、慎重に慎重〜に命名したのを覚えています。

 

そうそう、誰が最初に言い始めたのか知りませんが・・・
「シンプルな平仮名・片仮名のハンドルネームが一番良い」と、
おっしゃる方々も多いんですよね。「ゆう」「ひで」「ひろ」さんとか。

もしいらっしゃったら申し訳ありません。個人的には”反対派”です。

 

こういうハンドルネームって「いつでも逃げられる」じゃないですか。
同姓同名が多いから、検索結果で悪評が立っても「雲がくれ」出来てしまう。

量産が利く=インスタントな使い方が出来てしまう。頭では自覚が無くても
潜在意識で「逃げ道を用意している」としか思えないんですよね。個人的には。

 

だからって、V系バンドの名前みたいな長いフランス語が良いとか、
暴走族のチーム名みたいな漢字の羅列が〜とかは、極端だとは思いますけど。

関連キーワードのように「2つ以上の単語を掛け合わせ」とかが、良いかも。
あるいは「ひらがなでフルネーム」「カタカナでフルネーム」もアリだと思います。

 

本項については「ココロ社」さんの考え方と、ほぼ共通している感じです。

参考:後悔しない、ハンドル名のつけ方

 

それともう一つ。少々おどろおどろしい雰囲気の老舗サイト様ですが、
この方も結構、核心に近いことをおっしゃられているかなーと感じました。

参考:ハンドルネームを持ってから、おかしくなる人達

 

改名して「アイツ元○○じゃん。」とバレるのがダサい。

af0410

別にいかがわしいことは全く無いので、変えてもOKなんですけど
変えたことがバレて触れられるのも照れるし、そのままで活動してます。

 

新しく考えるのが面倒くさいから。

af0411

冒頭に書いた通り、命名にあたって多大なエネルギーを注いでますし
同じ熱量で、別のハンドルネームを考える気力がありません。

そんなもん、それこそ「自己満足」の世界ですからね。
筆者が望んでいるのは「文章を書き続けること」ですし、時間の無駄。

その間に、いくらでも文章書いたほうがよっぽど有益だと考えてます。

 

「ハンドルネームの改名はアリか?無しか?」への個人的見解

前項で、限りなく答えに近いことを言ってしまってますが
実際のところは「ケースバイケース」じゃないかなーと思っています。

使用者が多過ぎるハンドルネームなら、変えざるを得ないでしょうし
特に理由も無いのに変えるのは、それこそ「単なる自己満足」に過ぎない。

 

こんな時、いつも筆者の頭の中に浮かぶのは「お笑い芸人」です。

af0413

 

改名を機に、再ブレイクした芸人

・さまぁ〜ず(ex:バカルディ)
・くりぃむしちゅー(ex:海砂利水魚)
・千原ジュニア(ex:千原浩史)

 

ピン芸人転向後、人気が定着した芸人

・土田晃之(ex:U-turn)
・有吉弘行(ex:猿岩石、手裏剣トリオ)
・劇団ひとり(ex:スープレックス)
・月亭方正(ex:TEAM-0)
・バカリズム(ex:バカリズム ※コンビ名)
・カンニング竹山(ex:カンニング)
・ビビる大木(ex:ビビる)

 

改名せずにブレイクした遅咲き芸人

・バナナマン
・雨上がり決死隊
・爆笑問題
・アンジャッシュ
・サンドウィッチマン

 

「合併」芸人

・フットボールアワー(後藤→ex:エレキグラム、岩尾→ex:ドレス)
・笑い飯(西田→ex:たちくらみ、哲夫→ex:スキップ)
・東京03(角田→ex:プラスドライバー、飯塚・豊本→ex:アルファルファ)

 

「再改名」芸人

・おさる(ex:モンキッキー)
・X-GUN(ex:丁半コロコロ)
・猿岩石(ex:手裏剣トリオ)
・ライセンス(ex:ザ・ちゃらんぽらん)
・桂三度(ex:世界のナベアツ、渡辺鐘)

 

まあ、とっ散らかして書いちゃった気がしないでもないですが
有名どころは、大体挙がったのではないかなーと思います。
(他の有名人・著名人も見たい方は、以下リンク先をご参照ください)

参考:改名した芸能人

 

まとめ

ここで言いたいのは別に「細木数子経由の改名組」に限って
イマイチうだつが上がらないことではありません(笑)そうではなくて。

「改名しようがしまいが、ちゃんとやってる人は評価される」ということ。

 

さまぁ〜ず・くりぃむは、バカルディ・海砂利のままでも売れてただろうし
仮にバナナマンやアンジャッシュが改名したとしても、売れてたと思います。
有吉氏は、猿岩石の存在があっても無くても現在のポジションに来ていたはず。

なぜなら「小手先の話題性に依存」せず、地道に芸を磨き続けているから。
まあ、ブレイクの時期が前後する可能性は多少あったかもしれませんけども。

むしろ、うだつが上がらないのを名前のせいにするのは「逃げ」だろうし
よっぽど特別な事情がない限り、ひんぱんに変えるのは良くないかなーと。

 

もっとも、ハンドルネームへの思い入れは人によって全然違うだろうし
使い捨ててナンボといった価値観を否定するつもりは一切ありませんが、
大事に育てていき、違和感を感じないぐらいまで定着できればうれしいですね。

 

というわけで、改名問題で悩まれてる方は、よかったら参考にしてみてください。

スポンサードリンク