どうも、ハガネ屋(@imech_jp)です。

サイト内ブログランキングが好順位に着けているにも関わらず、
ランキング経由のアクセスが絶望的な「blogram」というサービス。

af0396

 

以前も一度記事にした通り、本質は「ブログ診断(成分解析)」にあります。

参考:blogramで始める、アクセス増に捉われない「客観視」のススメ

スポンサードリンク

 

肩肘張って書いた記事で診断されても、全く意味がない。

訳の分からない”自称”ブログ診断コンサルタントみたいな人に
診断を依頼したって、返ってくるのは所詮「その人の主観」に過ぎない。

その人が全面的に正しいとは限らない。
だからこそ「盗んだほうが早い」と筆者は思っています。

参考:ブログを「娯楽感覚で」続けるための「8つ」のコツ

 

まあそれはともかく。

心理テストや、小中学校でやった知能テスト等と同じで
「格好付けて書いたら診断結果がブレる」んです。この手のものは。

ですから、肩肘張って記事を書く必要はありません。むしろ真逆。
「のびのび書いた記事」で診断に引っかかったほうが良いと思います。

 

当サイトの「現段階での診断結果」はこんな感じ。

何度も言いますが、特に診断を意識して記事は書いていません。
いつも通りに記事を書いていたら自然と、このような結果に辿り着きました。

 

まず早い段階で診断がされたのは、案の定「Webデザイン」カテゴリー。

af0389

「見出し」とか「記事のボリューム」等が、丁度良かったのかもしれませんね。

 

そして、その直後に「社会」カテゴリーが「真摯な気持ち」と来た。

af0390

悪気は無いんですが、右翼だの三色旗だのイルミナティだの書いてりゃ
おのずとこうなってしまうよなーと思いました(笑)政治的な意図は無いです。

 

で、最近になって診断されたのが「WordPress」&「パソコン」カテゴリ。
先日の「関連記事プラグイン」の記事を書いた直後に来ました。

参考:関連記事プラグインをRelated Postsにしたら大体の悩みが解決した件

 

af0393

WordPressやSEO等に関しては、勉強しつつ現在進行形で書いてますので
「こうやったら、こういう結果が出た。凄い!」的ニュアンスになりやすく、
結果「この人驚いてんなー」みたいな感想が出てきたのではないでしょうか。

 

「フラットな視点」からの感想は「強み」である可能性が高い。

冒頭でも書きましたが、自称コンサルタントみたいな方々の視点は
その性格上「フラットな視点ではない」可能性が極めて高いわけです。

なぜなら、患者の強みが記事の端々から滲み出てきているにも関わらず
そのエッセンス部分を見落として「自分の経験から来る主観」に偏りがちだから。

 

まあ・・・この話については、繰り返しになってしまいますので
蒸し返すつもりはありませんが、僕は結構大事なポイントだと思っています。

その道のプロよりも、素人目線のほうが本質を捉えている事は多いですし
blogramの成分解析が正に「素人目線」を人口的に作り出している感じです。

 

この機能は、特に「ブログを始めたいけど何を書いたら良いか分からない」という
本末転倒な状況に陥っている人にこそ最適なのではないかなーと思いました。

 

というわけで、ぜひ一度お試しあれ。

 

※時おり、診断が的を得ていない場合もあるのはご愛嬌。

af0394

スポンサードリンク