どうも、ハガネ屋(@imech_jp)です。

よく、プラグインを使わずに、手動でタグを入れる方がいますが

主にどちらの方法で、WordPressをカスタマイズすれば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

 

プラグイン方式・手動タグ、それぞれのメリットとデメリット。

というわけで今回は、個人的な感覚というか経験談として
それぞれのメリット・デメリットを簡単に書こうと思います。

 

プラグイン方式のメリット

○WordPressテーマのバージョンアップが入った際の手直しが不要。
○インストール、アンインストールの際に不具合が起きにくい。

WordPressテーマ自作派の方には、縁がない話だと思いますが・・・

テンプレートを使わせていただいている、我々庶民の場合、
アップデート後に、ソースの見直しが必要となる箇所が出てきます。

 

例えば僕の場合、ちょうど最近アップデートが入りまして
その際に、以下の箇所が初期状態に戻ってしまっていました。

・テーマ用フォント(初期状態のテーマにフォント追加)
・WP Page View(過去記事をさかのぼりやすくするプラグイン)
・Research Artisan Lite(アクセス解析)
・個別記事フッター部分の自作ソーシャルボタン
・Breadcrumb NavXT(パンくずリスト)

 

もしかすると他にも、忘れているものがあるかもしれませんが
パッと見でも、このぐらいの箇所に問題が出てたので油断ができません。

リサーチアルチザンが外れてて、その間のアクセスが計測不能の時とか
「どうしたどうした?」みたいな感じで、かなり焦りましたからね(笑)

普段あまりいじらない箇所を、手動タグ挿入でカスタマイズすると

僕のように、みっともないパニック状態に陥ってしまいます。

その点プラグイン追加方式だと、テーマを変えたとしても
特に支障さえ無ければ「手直し不要」でスムーズに移行できますし、
バージョンアップ程度で問題が起こることは、まずありません。

 

プラグイン方式のデメリット

×他プラグインとの競合で不具合が出ることがある。
×入れ過ぎるとページ読込時間が遅くなり、Google低評価の一因に。

これは、WordPressユーザーは避けて通れない部分だと思います。

というか、WordPressに限らずですよね。
自由が利く類いのものは、自己責任での導入が原則なので。

不具合が出た時に原因を取り除きやすくするためにも
一気に色々プラグインを入れず「一個ずつ導入」で相性を見極めましょう。

 

手動タグ挿入のメリット

○慣れている人であれば、即導入が可能。
○ページ読込時間が遅くなるのを最小限にとどめられる。

言うまでもありませんね(笑)

 

手動タグ挿入のデメリット

×タグを書き加えた瞬間に、テーマとの相性次第では
WordPressダッシュボード(管理画面)にログイン不可の状態になる。

 

具体的には、↓の画像のようなエラーコードが出てきて
ログインすら出来ない状態になります。

af0330

ちなみにこれ、ついさっきの出来事(笑)

 

こうなってしまうと、基本的にはFTPソフト(FFFTPなど)から一旦、
PC上にダウンロードし直して、オフライン編集するしかないのですが・・・

af0332

WordPress外からテキストエディタで編集することによって
今度は、その他の挙動に問題が起きる場合も出てきます。
(おそらく、保存の際の「文字コード」や「属性変更」周辺が怪しい・・・)

僕の場合ですと、iPad用テキストエディタ「Blogsy」などから
下書き記事をWordPressに送ろうとしても、エラーが出て送れなかったり。

あと、WordPressから記事を削除しようとすると
先ほどの画面のように、エラーコードが出てきたりと超面倒(爆)

手動カスタマイズの際は「特に」バックアップをしっかりと取り、
いざという時、すぐに復帰できるような環境を整えておきましょう。

 

結局、どちらがオススメ?

僕の場合、両方併用していますので何とも言えないんですが
安全を第一に考えるのであれば「プラグイン」でのカスタマイズが無難です。

例えば、普段あまりWordPressのカスタマイズに時間を割けない方とか。

速報・ニュース系で一日に何記事も更新するほど忙しいサイトであれば、
下手にいじり過ぎてしまうと、更新に支障をきたすかもしれませんので。。。

とは言え、当サイトも読込時間が平均1.5秒と、重い部類に入りますので
なるべく軽くできるように、勉強あるのみといった感じです。

af0331

最終的には、自作テーマが究極なんだろうなぁ・・・。

その内、作りたいですね。割と本気で。

スポンサードリンク