どうも、ハガネ屋(@imech_jp)です。

言わずもがな、i文庫と言えば、iOSの「定番」電子書籍リーダー。

参考:i文庫S

参考:i文庫HD

 

登場時期もかなり古く、ブロガーさんが力を入れて書いた比較記事などが
2010〜2011年辺りに集中してる事からも分かるとおり、老舗中の老舗であり決定版。

ところが貧乏性のワタクシは、最強のi文庫シリーズをずーっとスルーし
競合他社の電子書籍リーダーばかりを手当たり次第に試していたのです。

 

i文庫(S,HD)シリーズの何がそんなにスゴイのか?

i文庫HD(iPad専用アプリ)を触ってみて最初に感じたことがあります。

電子書籍”端末”を買い増ししたぐらいの満足感じゃねーか」と。

「iPadを既に持っているけど、i文庫HDは持っていない」人に向けて表現すると
「購入予定だった他の端末を買い控えしよう」と思ってしまうレベルのクオリティ。

これまで、他社製のリーダーを色々試してみた時には
どれも残念ながら、ここまでの気持ちには至りませんでした。
(ユーザー層を”漫画”に絞った「ComicGlass」は割と好き)

と書くと、あまりにもザックリし過ぎでステマ記事臭いので(爆)

この後もう少し、具体的に書いてはいますけども。

とにかく「ページめくりの気持ち良さ」
この一言に尽きると言っても過言ではないでしょう。

 

i文庫 vs SideBooks

「リアルに”本”をめくるようなエフェクト」という点だけで言えば、
無料の「SideBooks」というアプリも、結構良い線を行っています。

参考:SideBooks

 

しかしながら、SideBooksには致命的な欠点があります。

何かと言いますと・・・「ページめくり直後の硬直」です。

比較的最近の機種「iPad3」なら大丈夫かと思い試してみましたが
やはりダメ。どうやら、マシンパワーの問題だけでも無かったみたい。

めくりのエフェクトだけなら「ポストi文庫」と言っても申し分ないですが
やはりユーザーとしては、読後感にストレスを感じる挙動が気になるところ。

 

i文庫 vs Bookman Pro

「最もi文庫に近い存在」と評判の「Bookman Pro」。

参考:電子書籍リーダー | Bookman

 

こちらも、i文庫に決してひけを取らない優秀な電子書籍リーダーですし
Bookman Proが持つ最大の武器「キャッシュ機能」も非常に魅力的。

しかしながら、こちらはSidebooksとは真逆で
ページめくりの際「一気にめくれ過ぎる」という欠点があります。

もちろん、めくり後の硬直に比べればストレスは全然少ないんだけど
注意してないと、サーッとページが滑って行ってしまい少々残念。

何なら、おっさんへ向けて無理やりアクションゲームで例えましょう。

マリオ=i文庫
ルイージ=Bookman Pro
シモン・ベルモンド=SideBooks

こんな感じの挙動。わかるかなぁ・・・この感じ。

 

「i文庫S」と「i文庫HD」他を、俺はこう使い分ける!

そんな、i文庫Sとi文庫HDなんですけど
もし僕だったら、こんな感じで使い分けます。

・i文庫HD=ページ数の多い(100ページ超の)PDFファイル専用
・i文庫S=小説、文庫本を読む用

 

ちなみに、他のビューアーはこんな感じで実際に使い分けてます。

・GoodReader=PDF説明書、ネットで拾ったPDF小冊子用
・ComicGlass=マンガ専用

GoodReader for iPhone 3.19.3(¥450)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Good.iWare Ltd. – Yuri Selukoff(サイズ: 30.6 MB)

GoodReader for iPad 3.19.2(¥450)App
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: Good.iWare Ltd. – Yuri Selukoff(サイズ: 33.1 MB)

ComicGlass[コミックリーダ] 5.13(¥250)App
カテゴリ: ユーティリティ, ブック
販売元: RR Soft – Ryusuke Hotta(サイズ: 15 MB)

 

で、持ってない人用の「代替品」がこれ。

・Bookman Pro=「i文庫」の代替品
・Documents by Readdle=「GoodReader」の代替品

Bookman Pro (PDF/漫画コミック/電子書籍リーダー) for iPad 3.3.1(¥250)App
カテゴリ: ブック, ユーティリティ
販売元: MobiRocket, Inc. – MobiRocket, Inc.(サイズ: 20.4 MB)

Documents by Readdle 4.2(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: Readdle – Igor Zhadanov(サイズ: 39.2 MB)

 

Documents by Readdleは、GoodReader以上にインターフェースが分かりやすいし
GoodReaderの目玉アイコンが落ち着かない人(笑)には「これ一択」レベルです。

af0335

ただReaddleの立ち位置(無料定番アプリ路線)を考えると・・・無いとは思いますが、
元有料アプリが無料化→頃合いを見て広告が突如出現というケースも他で結構見るので。

個人的には少々値が張っても「有料定番アプリの安心感」を取りますね。
あと、GoodReader買っちゃったから元を取りたいだけです(爆)

 

なお、i文庫は「本棚」を使ってジャンル毎に分けることもできますから・・・例えば
ComicGlassが担っている役割を、i文庫一つに集約しちゃうのもアリです。
(一応ComicGlassも、若干ですが「めくり時の硬直」がありますので)

僕はただ「勉強系」と「娯楽系」をアプリ毎に振り分けたいだけだし、
一つのアプリで一元管理したいのであれば、ほんとi文庫だけで十分だと思います。

 

i文庫Sとi文庫HD。両方揃える必要ってありますか?

iPad、iPhone両方持ってなければ、そもそも揃えられません。物理的に。
(それぞれが「専用アプリ」となっていますので)

ですがもし、両機種を持っているなら「個人的には」オススメです。

決め手は「重量」。文庫本って元々が「軽い」じゃないですか。
それをiPadで読むってのは、文庫をわざわざ「ハードカバー」に直すようなものだと思うんですよ。

・ハードカバー=腰を据えて読む=勉強系=iPad(i文庫HD)
・文庫本の感覚=小説を気軽に読む=娯楽系=iPhone(i文庫S)

 

はたまた「両者の良いとこ取り」で、iPad mini+i文庫HDという選択肢。
i文庫Sを買う必要がなくなるので、こういうパターンもありかもしれませんね。

もっとも・・・iPad mini持ってないので、何とも言えませんけど(爆)

スポンサードリンク