どうも、ハガネ屋(@imech_jp)です。

当サイトから消えたり出現したりを繰り返す「あし@」ですが、

「こういうスタンスで使えば良いかな?」ってのが最近わかってきました。

スポンサードリンク

 

「あし@」について簡単に説明します

まず、知らない方のために簡単に説明しますと・・・
「あし@」というのは、ブログのアクセス増に使えるサービスの一つです。

いわゆる「ブログパーツ」になります。

みんなの足跡『あし@』

 

サイトを訪れた時に、左上か右上に表示される横長のバーがありますよね。

af0323

これが「あし@」です。

 

本来の用途としては、アクセスアップ以外だと
・・・「運営者同士の交流」でしょうかね。

「あしとも」という、Facebookで言う所の「フレンド」のような機能や
あし@サイト内でメッセージのやり取りが出来る機能なども備えていますので
実質「簡易SNS」のような役割も(人によっては)果たしているのかもしれません。

 

あし@を利用し続ける意外な理由?

そんな「あし@」ですが、僕は前述の機能は特に使っていません。

ではなぜ置き続けているのかと言いますと・・・
「属性チェック」です。運営者さんの属性ウォッチングが理由。

 

要は「どういう内容の記事」「どういうキャッチコピー」で書くことによって
「どのような属性の運営者の方が訪問しにくるのか?」を見ています。

 

ちなみに、逆アクセス(運営者の方のサイトにこちらが訪問)は
・・・最近はあまりしなくなりましたね。

たまたま訪問したサイトが「あし@」に登録している事はありますが。

 

というか個人ブログってのは、自己顕示欲の塊だったりするわけで
表示されるブログタイトルを見れば、大体の概要が掴めちゃうんですね。

もちろん「僕も含めて」ですよ(笑)

 

個人的な「あし@」の有効活用法

記事を投稿した後に、あし@経由で訪問された方々ってのは、当然
「直近の記事」に興味を抱いて来られたと考えるのが普通ですよね。

反応がある記事、反応が薄い記事、色々あるわけですが
運営者さんが気になった記事は、大抵「一般の訪問者の方」も気になっています。

是非、アクセス解析ツールを導入して確認してみてください。

 

という具合に「反応のとれやすい記事」を探ることにも使える一方で
内心「あまり反応してほしくない」属性の方向けの記事を探ることにも使えます。

いずれにしても「ブログを客観視する」ための一つの手段として有効です。

 

あし@のアクセスアップ効果について

もし「あし@ってアクセスアップ効果あるの?」と疑問に思われたのなら
よくよく考えてみてほしいのです。ここには「未登録の利用者」もいる、という事を。

ブログ運営者じゃないけど、あし@の存在を知ってるし活用してる方
・ブログ運営者なんだけど、コッソリ動いて情報を集めたい方

 

上記のように「ステルス訪問者」のあし@ユーザーも当然存在しますので、
目に見える運営者の表示だけが全てだと考えないことです。意外と見られてますよ。

 

コミュニケーション・SNSツールとしての「あし@」は・・・

Twitterで(最近はFacebookも)常習的に行われている
自動DM(ダイレクトメッセージ)バラまいて母数増やすスパマーいますよね。

この手の自動DMバラ撒いて、高みの見物してる方々というのが
あし@にも存在するんですよね。「これが仕組みです(キリッ」とでも言いたげに。

まあ、本当にスパマーなのかもしれませんし、もしくは
「人見知りが過ぎるがあまり、自動DM依存で接触を避けてる」かは分かりませんけども。

ただ、こういう手法に依存している時点で
それは既に「コミュニケーション」ではありませんし、
そもそも、スパムSNSとしての規模だとTwitter、Facebookに軍配が上がるわけで。

個人的には(そちらサイドでは)あまり有益なサービスとは考えていません。

 

まだ導入していないのですが、導入すべきでしょうか?

本記事を上から下まで一通り読んでみて、魅力を感じなければ
無理に取り入れる必要は無いのではないかとは思います。個人的にはですが。

ブログの景観も損ねてしまいますし、利用しない方は本当に利用してません。
僕は投稿数が1000記事程度に到達した時点で、外そうかなーとは考えています。

 

とは言え「目的を考えたうえでの導入」は全然アリだと思いますし、
ご自身の判断で取り入れるかどうかを検討されてみてはいかがでしょうか。

一応のアクセスアップ効果は、あります。

スポンサードリンク