どうも、ハガネ屋(@imech_jp)です。

こういうのは、大体文末に来るような話になるのですが、
あえて冒頭でぶっちゃけておきたいと思います。

原則、サイトで批判の類は一切しない主義なのですが
今回に限り「例外として」とらえていただければ幸いです。

僕は「きこ書房」及び「株式会社エスエスアイ」が大っ嫌いです(笑)

もちろん、意味もなく嫌いだと言っているわけではなくて
当然「きちんとした理由」があります。

スポンサードリンク

 

2006年頃でしょうかね・・・当時「速”読”」に興味がありまして
たまたまコンビニで「CD付きの500円本」を手に取ったんです。

その本には「速聴」って書いてありました。

で、巻末に付属のハガキに要項を記入して郵送すると
「無料サンプルDVD」がいただけるとのことで、

その際、うっかり書いてしまった電話番号に対して
向こう2〜3年間、強引な勧誘電話が頻繁に来るようになったのです(笑)

 

あ・・・知ってる人は知ってますかね。速聴と言えば「SSI」。
SSIとは「ナポレオン・ヒル・プログラム」の販売・開発元になります。

ナポレオン・ヒル・プログラムってのは、
ウン百万円もする「超高額」自己啓発プログラムのこと。

 

そのナポレオン・ヒル・プログラムへ誘導するための出版社が
「きこ書房」。最近話題のワ○ミ氏が啓発本を多数出版してる事でも有名です。

つまり、ワンコイン本→数百万の自己啓発プログラム
このような仕組みになっています。

あえて汚い表現を使うとするならば
ワンコインの速聴本=エサ、ということですね。

 

まあ・・・バックエンドが数万円レベルなら許せるんですが。

「ワンコイン本を買う段階の人間」が、数百万のプログラムを手にして
果たして、使いこなせるのかな・・・という話です。

数百円→数千円→数万円→数十万円みたいな形で
習得レベルに合わせて、段階的に提案していくのであれば話は別ですけども。

 

・・・とまあ、そんなむかしむかしの思い出話です。

こんなことを書いておいて、全然説得力は無いかもしれませんが
ナポレオン・ヒル自体は、全然嫌いではありません。特別好きでもないですけどね。

 

「きこ書房」と「エスエスアイ」と「強引過ぎる営業マン」が嫌いなのです。

選挙前になって突然、公明党公明党言い出す創価学会員みたいなもんです。
あの不気味さを経験したことがある方は、容易に想像がつくはず(笑)

 

名著だけど読みにくい「思考は現実化する」という本

まあ前項の理由も多少は絡んでますね。
要所要所でナポレオン・ヒル・プログラムへの誘導が入るので。

あと、これまた知ってる方にはおなじみの
能力を「脳力」って書きたがる、例のこだわりとか(笑)

あれさえ無ければ、スムーズに読めるのに・・・なんて
思われている方も多いかもしれませんね。もしかすると。

 

いや、そんなことは大した話じゃないんです。

もう一つの名著「7つの習慣」も読みにくいことで有名ですが、
「思考は現実化する」も負けず劣らず、中々に読みにくい本だったりします。

 

まあでも両者に共通する「読みにくさ」は、良い意味での読みにくさです。

要は「本人に受け入れる覚悟があるか無いか」の部分と、
自己啓発本の草分け的存在であるがゆえの「ボリューム」だけなので。

 

「思考は現実化する」の要約・再編集版

これまた、ナポレオン・ヒルが書いたものの一つに
「巨富を築く13の条件」という著書があります。

書籍版は、マンガと文章が織り交ぜられていて読みやすいとの事。
(すみません。書籍版のほうは未読につき、詳しくは書けません。。。)

 

まあちょっと・・・未読につき書けませんとは言ったものの
先日オーディオブック版を入手しまして、内容的には大体掴めました。

Amazonのレビューでも書かれてらっしゃる方がいますけど、
巨富を築く13の条件=「思考は現実化する」の要約版といった面持ちです。

もうちょっと具体的に書きますと、
「思考は現実化する」の第1〜15章を「全13章に再構成」した本ですね。

もし、第16〜18章以降を読みたければ
「思考は現実化する」のほうを買ってね♪みたいなノリでしょうか。

ボーナストラックの付いていない通常版CD=「巨富〜」という感じ。

 

で・・・案の定、Febe!で「思考は現実化する」を探した所、見つからなくて
よくよく調べたら「巨富を築く〜」がほぼ同一内容とのことで購入した形です。

 

肝となる「願望実現のための6カ条」こそが挫折ポイント

上のほうで「受け入れる覚悟があるか無いか次第」と書きましたが、
それこそがまさに本書における「願望実現のための6カ条」に他なりません。

本の中でも触れられていますが、ここさえクリアできた時点で
半分以上は、成功したも同然なんだろうなーと思います。ザックリ言うと。

でもそれが一番難しい。
ですが、中々できないからこそ、この部分が「肝」だと考えます。

 

で、そこをクリアするために必要なのは頑張ることではなくて
深層心理に繰り返し訴えかけ続けること=深層自己説得、という個人的解釈。

 

これは・・・良い意味での「洗脳」になるのかもしれません。

徹底して「客観的」であろうとする7つの習慣と比べると、
まさに「対極の書」といったイメージです。もう一つの究極奥義書。

まあ、ナポレオン・ヒル一派の芸風=洗脳漫談というイメージですので
手法としては、どことなくしっくり来る感じはします(笑)個人的に。

 

ちなみに、以前書いた「7つの習慣」関連の記事において
人によっては「否定的」にとらえられそうな表現をしたのですが。

参考:7つの習慣のオーディオ版を聴いてみて気づいたこと

 

ナポレオン・ヒル関連だけ特別視するわけではありませんけど、
・・・まあ、一冊ぐらいその手の本を持ってても良いのかなーとは思います。

「高揚」サイドの一冊として。
中途半端な、ヒル由来の啓発本手に取るぐらいなら断然こっちです。

 

いやホント、こういう微妙な書き方はあまりしたくないんですけど(笑)
ですがどうしても、日本支部のイメージがすこぶる悪過ぎて。。。

 

まとめ

「思考は現実化する」「巨富を築く13の条件」ともに
「高額プログラムへの誘導」にさえ目をつむれば、間違いなく「名著」です。

というか、実質同じ本みたいなものですけどね。内容を考えると。

 

「思考は現実化する」が重くて挫折した方や
段階的に、内容を理解していきたい方には「巨富〜」がオススメ。

とりわけ「思考~」の日本版オーディオブックが存在しないことを考えても
音声での格安ナポレオン・ヒルは「巨富~」一択、ということになりますね。

 

あと、個人的に「きこ書房」謹製のオーディオCD(速聴関連)に
カルト宗教臭さをプンプン感じるのですが、Febe!経由の音声は「臭み」が薄れます。

もっとも、製作元のオトバンクさんが、一般書籍まで幅広く手掛けてますし
ヒル関連だけ宗教臭い語り口だったら、逆に違和感ありますけれども(笑)

 

というわけで、ご検討中であれば参考にどうぞ。

巨富を築く13の条件

スポンサードリンク