どうも、ハガネ屋(@imech_jp)です。

数回に渡ってお届けしている「ランキング」シリーズ。

第1回:今一度「ブログランキング」に着目した理由

第2回:blogramで始める、アクセス増に捉われない「客観視」のススメ

第3回:わずか2日で人気ブログランキングを18位上げる7つの秘密

ということで、今回は「4回目」です (過去記事読まなくても、分かるようには書いてます)。

 

2位までは”6つの秘密”で、ランクを上げていって・・・

af0256

 

その後、OUTポイント(ランキング経由のアクセス増)を狙って
”7つめの秘密”と称して、実験を行った時点で前回は終わっていました。

af0262

スポンサードリンク

 

狙いまくった「実験」の結果は?

結論から言いますと、思ったほどOUTポイントは伸びませんでした。

うっかり画像キャプチャを忘れていたため、
文章での説明になってしまい申し訳ないのですが。。。

あの「狙いまくった」ランキングタイトルでの効果としては、
50pt → 70ptに「微増」した、というオチとなります(笑)

タイトルを変更していた期間は、丸一日。
むしろその微増すら「ランキング上位にいたから増えただけ」かもしれない。

 

ところが。

その後、元のランキングタイトルに再変更した後、
OUTポイントが70pt → 120ptに、一気に増えているんですよ。

af0285

 

今回は、他参加者の方の週間OUTと見比べても
「妥当かな・・・」と言われるほどには、OUT値は伸びています。

結局、野次馬だろうが何だろうが「とりあえず見にくる」んですよ。
一般的な人間の心理として。上位にいれば、黙ってても伸びるわけです。

あと、2位の方のOUT値がやたら突出していらっしゃるのは
月間INの総ptを見てのとおり、ランキング上位の常連さんだからですね。

af0286

ランキング経由で安定的にアクセスが来ているという証拠。

ですから、僕も・・・アクセス解析を見ながらにはなりますが

もう少々WordPressジャンルで推移を見てみようかなーと思います。

Googleのクローラーに存在を見つけてもらうためにも
サイトが弱い段階における、ランキング経由アクセスの恩恵は非常に大きいので。

 

思わぬ伏兵?「ブログ村」と「インフォブログランキング」

そんな中、裏で意外にもポイント数を伸ばしていたのが
「にほんブログ村」「インフォブログランキング」

これまた、全然期待していませんでしたので
アクセス増の足しになれば良いかなーぐらいにしか思ってませんでした。

 

しかしながら「インフォブログ〜」が1800位前後からの急上昇。

af0287

 

ブログ村に至っては「Webデザイン」ジャンルにて、気がつけば6位。

af0288

「インフォブログランキング」に関して言えば、過去記事でも触れたとおり

ランキング経由のアクセス増加よりは「PageRankアップ」目的ですが・・・

短期的なアクセスアップという点だけで見ても、
ブログ村経由の週間OUTが、馬鹿にできないことが分かりました。

もっと早く導入しておけばよかった(泣)

 

インスタントなアクセス増「トレンド」。でも案外・・・?

これに関して言えば、トレンドを意識したというよりも
速報的な意味合いで書いたというのが、本当の所ではあるんですが

そうです。先日の記事。

SEOチェキのインデックス数がなぜか0(ゼロ)?

 

何となく書いたこの記事が、急激にアクセスを呼び込んだようで
「SEOチェキ インデックス 0」の複合キーワードが重複するわするわ。

af0289

 

いかに、この記事のアクセスへの影響が強いかは
前日、前々日のキーワード数を見れば一目瞭然でしょう(笑)

af0290

スッカスカ。

 

やはり僕と同様、困っている方が大勢いらっしゃるようで
今日の現時点でのキーワード数が、既にそれを物語っていますね。

af0291

重ねて言いますが「狙って書いたわけではない」ですからね。

まあでも、トレンドネタの威力の凄まじさ
お分かりいただけたのではないかと思います。

 

総括

で・・・やっぱり思うのは、各成長段階において
取るべき行動って異なるんだなーということです。

度々言ってますが、僕も安易にサイトタイトル・キーワードを変えた挙句
それまで安定的に維持していたアクセスを大幅に落とす惨事となりました。

ですが、そういった失敗を経験することにより
改めて既存の手法の価値に気付きましたし、得るものも大きかった。

 

とりわけ、今回のテーマで言えば
「ランキング経由のアクセス」「旬の情報」の重要度の高さでしょうか。

うん。。。サイト運営って、実に奥が深い(笑)

スポンサードリンク